女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

スポーツ

2011年10月4日

奈良にプロバスケットボールチームをつくろう!

Pocket
LINEで送る

奈良にプロバスケットボールチームをつくる会

『SENDAI89ERS』の実績と故郷を思う熱意で

 奈良にプロバスケチームを作ろうと活動している組織がある。その名もズバリ『奈良にプロバスケットボールチームをつくる会』。
代表の加藤真治さんは仙台のプロチーム『SENDAI89ERS』の取締役で「bjリーグ※発足に関わっていた友人に『一緒にやろう』と誘われました。気がついたら仙台にいましたね」。それから6年、チームの運営も軌道に乗り始め「今度は故郷の奈良でチームを作りたいと思い、昨年末から活動を始めました」。
 奈良にプロバスケチームを作ろうとしたのは加藤さんが始めてではない。リーグ発足時、活動していた人たちがいる。「残念ながら申請は認められませんでした。当時は5~6000人収容できる体育館がないとダメだったんです」。今はどうなのか。「現在は1試合の観客数が2~3000人、設立1年目のチームは1~2000人だとわかりました。奈良にある既存の施設でもスタートは可能です」。今後のため、県にアリーナ建設の要請もしており「チーム設立には知事も応援していると言われました」。
 加藤さんの活動開始と同時期に、以前申請したメンバーが活動を再開、「一緒にやろうということになりました」。今年1月の再申請へ共に奔走。しかし、東日本大震災で申請は延期に。「世情的にバスケどころではなかったですし、『SENDAI89ERS』の建て直しも必要でした」。その『SENDAI89ERS』は多くの支援を受け、10月開始の今期から復活。「これからは奈良での活動を本格的に再開します。来年の申請へ向け、まずはスポンサーを集めねばなりません。県民の皆さん、企業の方々、応援よろしくお願いします」。
 仙台で積み重ねた実績と、故郷を盛り上げたい熱意がある。奈良にプロバスケチームが誕生する日は、そう遠くないだろう。

※ バスケットボールのプロリーグ。株式会社日本プロバスケットボールリーグが運営している

Pocket
LINEで送る