女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年11月11日

シークレットウインドウ(2004年) Secret Window (2004)

Pocket
LINEで送る

監督 デヴィッド・コープ/Director: David Koepp
出演 ジョニー・デップ、ジョン・タトウロ/Starring: Johnny Depp‚ John Turtorro

かなりいい線のサスペンス

 よく似た映画があった。スランプに陥った脚本家が奇妙な事件に巻き込まれ、殺人を犯す。脚本家を小説家に置き換えたら、本作とそっくりだ。コーエン兄弟の「バートン・フィンク」がそれで、主人公を演じたジョン・タトウロが、この映画ではモート・レイニー(ジョニー・デップ)の別人格であるジョン・シェーターを不気味に演じている
▼モートは人気作家だがスランプで低迷気味。ある日黒い帽子をかぶり、ミシシッピからきたというシェーターが「お前は盗作者だ、おれの小説を盗んだ」としつこくつきまとう。モートには過去に一度盗作の前歴がある。妻しか知らない。でもそれをかなり気にしてストレスが高じ、妻はつきあいきれなくなり不倫。別居。妻が不倫中の男とラブホにいるときモートが踏み込み、拳銃をつきつけた、そもそもこれがファーストシーンである
▼わりと早い段階で、シェーターはモートの幻想、コインの表裏だと、感づいてしまうのがちょっと難だが、デヴィッド・コープ監督はかなりいい線でサスペンスを盛り上げる。D・リンチの「マルホランド・ドライブ」とまではいかないーつまり観客を欲求不満にさせない程度の、ほどよく複雑で、ほどよく難解という頃合を保ったシーンの転換で、映画を進める。思えばこの人は脚本家として有名なのだ
▼「ジュラシックパーク」「ロストワールド」「パニックルーム」「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」など、はらはらさせるのはお手の物だったのだ。ジョニデも乗りがいい。シリアスな役どころにもかかわらず、彼の演技の特徴である「軽み」(大阪人が最高の賞賛とするセンスのよさ)を、あちこちに、例えば無言でクワッと口を開けるモートの癖を、神経の弱った男の発作のように取り入れるなど、相変わらず芸が細かい
▼この「軽み」が「パイレーツ・オブ・カビリアン」「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場」などに躍動している。「パイレーツ」は子供の勧めをいれて映画化。世界的ヒットとなってジョニデは今やビリオネアである。ジョニデが映画界入りしたきっかけをつくったのがニコラス・ケイジだ。そのケイジが借金と税金の滞納で、無限地獄に落ち込んでいるのをみかね、自分に助ける用意がある、と言っていたから肩代わりしたのか。7億円だってよ。ま、いいか。

A superb suspense film

There’s a similar film to this one. A screenwriter who had fallen into a slump gets involved in a strange incident and commits murder. If you change the playwright for a writer‚ you’ve got the same film. The Coen brothers’ Barton Fink is exactly that‚ and John Turtorro who played the lead in that film‚ strangely plays John Shooter‚ the split personality of Mort Rainey (Johnny Depp) in this film.

Mort is a successful writer in a slump with writer’s block. One day‚ Shooter‚ a man from Mississippi wearing a black hat‚ insistently accuses him‚ “You’re a plagiarist. You stole my story.” In his past‚ Mort actually plagiarised something. Only his wife knows. But he becomes stressed worrying about it‚ and his wife who cannot put up with him cheats on him. They are separated. Mort catches his wife with her lover at a motel and draws a gun on him- this is the first scene.

In a quick progression of events‚ Shooter is a hallucination of Mort’s. The front and back of a coin; it is hard to become aware of this but director David Koepp raises the suspense superbly. It doesn’t go as far as David Lynch’s Mulholland Drive‚ in other words‚ to the degree that it doesn’t frustrate the audience‚ the movie moves along with scene developments that are moderately complex and profound. If you think about it‚ this director is famous for scriptwriting.

Jurassic Park‚ The Lost World: Jurassic Park‚ Panic Room‚ Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull and so on; this is his forte. Johnny Depp was also keen. Despite the seriousness of the part‚ the “lightness” that is characteristic of his acting (good sense that an Osakan would rave about)‚ in different areas‚ for example; the way Mort opens his mouth without speaking‚ adopting the weak nerves of a man who has seizures and so on‚ as always his performance is detailed.

This “lightness” is also seen in Pirates of the Caribbean‚ Alice in Wonderland‚ Charlie and the Chocolate Factory‚ and others. Pirates of the Caribbean was made into a film with the recommendation for children. It became an international hit and now Johnny is a billionaire. His entrance into the film world was created by Nicholas Cage. Cage was behind in debt and tax repayments‚ and seeing that he had fallen into a limitless hell‚ he had arrangements to help him and so took over his debt. ¥700‚000‚000. That’s okay.

Pocket
LINEで送る