女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年11月14日

ランボー怒りの脱出(1985年) Director: Sylvester Stallone

Pocket
LINEで送る

監督 シルベスタ・スタローン/Director: Silvester Stallone
出演 シルベスタ・スタローン/Starring: Sylvester Stallone

「徹すること」の成功

 毎年アカデミー賞授賞式の前夜に年間「最低」の映画を選んで表彰するのが「ラズベリー賞」(ラジー賞)。この賞自体が一種のユーモアで(本当にくだらない作品を選ぶ場合もあるが)文字通りの「最低」というより、異色性の強い映画や役者を選ぶことが多い
▼本作は「最低作品賞」「最低監督賞」(スタローン=シル)「主演男優賞」(もちろんシル)それに「最低脚本賞」にはシルと共同執筆した若き日のジェームズ・キャメロンの名がある。シル39歳、キャメロン31歳であった。ラジー賞の主要4賞を独占した本作は、どこが「最低」にふさわしかったか。一作目の「ランボー」は理由もなく町から排除されようとした、ベトナム帰還兵の、社会から孤立した戦いだった。戦場のトラウマを引きずり、サバイバルナイフひとふり、山中を駆け、罠を仕掛け、追撃する軍を翻弄する
▼フラッシュバックで示される、ベトナムの戦火と拷問の惨状、ランボーの熟練した攻撃技術とシャープな体技が、ほとんど台詞なしの映画を圧倒した。ラストでランボーが投降するのは、このとき既にスタローンに、ランボー続投の強い希望があったからだ(原作では死亡)。そこで本作が実現した。シルとキャメロンが二人で書いた脚本によれば、徹底的にランボーの、というよりシルのワンマンショーとなった
▼ここぞというときに胸のすく逆転劇を書かせて、シルの右にでるホンはあったか? とにかく「ロッキー」で、実人生の大逆転に成功した人である、雇われ脚本家が書く他人事のお芝居のレベルではない。気合が違うのである。キャメロンも「ターミネーター2」「エイリアン2」など、続編が前作を上回るテク、らくらくと観客を味方につける映画術など、シルマジックに得るものは大きかったにちがいない
▼「ランボー」が反戦性の濃い映画だったのに、今回のランボーはいやに好戦的ではないか、という批判が出た。とにかく何らかの理由で本作は「最低」賞を4つもとったのだ。シルはこの快挙(?)をきっかけに、ラズベリー賞の常連となり、同賞設立10周年を記念する「10年間最低男優賞」にまで輝く。それを勲章のように、彼の「ロッキー」「ランボー」を主軸にした、アクション映画という得意技一筋は「エクスペンタブル」に至るまで、衰えることを知らない。迷いというものがない。ためらいというものがない。無邪気ですら、ある。スタローンを知るのはスタローンであり、スタローンを生かすのはスタローンなのだ。一画を占めること、徹することの成功を思う。

The success of full commitment

Every year on the night before the Academy Awards ceremony‚ the Raspberry Awards (Razzies) are awarded to the worst films of the year. The award itself is a type of humour (although the films that are chosen are really terrible)‚ rather than the literal meaning of “the worst”‚ and strongly unique films and actors are often chosen.

This film won “Worst Film” ‚ “Worst Director”(Stallone = Syl)‚ “Worst Actor” (of course‚ Syl) and “Worst Script”(Syl and co-writer‚ the young James Cameron). Syl was 39 years old and Cameron was 31. So what was so bad about this film for it to take the four main Razzies? The first film Rambo is about a Vietnam war veteran who without reason is removed from his town‚ and fought an independent war. Dragging the trauma of war and wielding a survival knife‚ he tears through the mountains and sets traps‚ and toys with the pursuing army.

Shown through flashbacks are the flames of the Vietnam war and the brutal torture. Rambo’s skillful fighting techniques and martial arts overpowers as a film with hardly any dialogue. In the last scene where Rambo surrenders‚ at this time Stallone already had a strong desire for Rambo to continue (in the original he dies). That is what this film did. According to Syl and Cameron’s co-written script‚ this film (or Rambo) thoroughly became a one-man show.

Realising that he had something‚ he had his come-from-behind show written. Was there a book superior to him? Anyway‚ in Rocky he is the man who‚ against all odds‚ succeeded; it isn’t the level of a play that an employed screenwriter writes about someone else. The spirit is different. Cameron‚ too‚ with Terminator 2 and Aliens‚ uses techniques that outdo the previous installments‚ and cinematography that pleases fans. Certainly the things that Syl Magic achieves is great.

The movie was criticised because although Rambo was a heavy antiwar movie‚ this time around it was terribly aggressive. In any case‚ there are several reasons for why this film took four of the “worst” Razzies. With this brilliant achievement (?) Syl became a regular Razzie recipient and even went as far to shine in the 10 year anniversary award‚ Worst Actor of the Past Decade. Using it like a medal‚ Rocky and Rambo became his major axis; in his forte of action films through to The Expendables‚ he never withered. There was no hesitation. There was even an innocence about it. Stallone knows Stallone‚ and Stallone makes good use of Stallone. He is successful in occupying one plot and committing himself.

Pocket
LINEで送る