女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年11月15日

バイオハザード(2002年) Resident Evil (2002)

Pocket
LINEで送る

監督 ポール・アンダーソン/Director: Paul Anderson
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ/Starring: Milla Jovovich

「謎の女」でブレイク

 日曜洋画劇場「アクションスターグランプリ・ベスト10」に女優が二人入っていた。アンジェリーナ・ジョリーとミラ・ジョヴォヴィッチだ。ジョヴォヴィッチという変わった名前はウクライナのキエフ出身だからだろう。1987年12歳でスクリーンデビューして、1997年まで鳴かず飛ばず。リュック・ベッソンの「フィフス・エレメント」で注目されたのが22歳。「ジャンヌ・ダルク」とか主演はあったが、なんといってもブレイクしたのは「バイオハザード」だった
▼最初は「エイリアン」の二番煎じかと思ったけど、腕力のある映画だったことは確かでした。ハリウッドは観客奪取のためなりふりかまわず、人気コミックから映画化をすすめていたが、これは日本のゲームメーカー、カプコンのソフトが原案だ。ミラと監督自身が大ファンだったというから、気に入って作り、演じたのでしょうね。ヒロインはなにしろ途中まで眠っていて、記憶喪失から目覚める。ジョヴォヴィッチの感情を抑えた硬質の美貌が、いかにも尋常の女でない雰囲気をかもしました
▼表の顔は、家庭用医薬品のシェア90%を占めるアンブレラ社。裏の顔は細菌兵器の死の商人。地下研究室「ハイブ」でウイルスが漏れ出す(ハザードする)が発生した。研究員は全員死亡。本社は制御コンピューター「レッドクイーン」をシャットダウンするため、特殊部隊を送り込むが、地下室の外の洋館の一室で、記憶を失った27歳の女性アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が目を覚ます。彼女は特殊部隊と出会い、なにも知らないままハイブに侵入する
▼思い出しました? 下着(みたいなもの)一枚で、武器を手に、異様に高い戦闘能力を示す謎の女を。「バイオハザード」「同」になると、これでもかとゾンビの大群が押し寄せ、恐怖を通り越して滑稽になりましたが、まだ本作あたりでは「へー」とびっくりしておればすみました。思いがけないスマッシュヒットとなり「」「」「」とシリーズ化され、話もだんだん超越的になってきた
▼さすがに「」の製作は、ミラの「続投しない」声明で、新規再起動になるはずだったが「やっぱりやる」で一転。2011年10月から製作が開始されているはずだ。ロケはシリーズでおなじみになったトロントと東京で、「」の公開は2012年9月予定。女性アクションスターの健在を祈ろう。

Break through as a mysterious woman

In the Sunday Movie Roadshow’s “Best 10 Action Star Grand Prix” were two actresses: Angelina Jolie and Milla Jovovich. The unusual name of Jovovich would be because she was born in Kiev in the Ukraine. In 1987 at twelve years old she made her screen debut‚ and remained relatively unknown until 1997. When she caught attention in Luc Besson’s The Fifth Element she was 22 years old. She was the lead in Joan of Arc but really caught her break in Resident Evil.

At first I thought it was a rehash of Alien‚ but it was certainly a strong film. Hollywood works hard to take back the audience‚ and they went ahead by making a film out of the popular comic‚ but the game by the Japanese software company Capcom was the original. Milla and the director himself were big fans and so they would have enjoyed making and performing in the film. The heroine is asleep half way through‚ and wakes from amnesia. The hard beauty supressed by Jovovich’s feelings bring an air of an extraordinary woman.

On the front‚ the Umbrella Corporation is a pharmaceutical company that holds 90% of the market. Under the surface they are merchants of chemical weapons. A biohazard virus leak occurs in the underground laboratory (the Hive). All of the research team are killed. The company dispatches a special forces team to shut down the Red Queen computer that controls everything‚ and inside the room of a mansion outside the basement‚ 27 year old Alice (Milla Jovovich) awakens but cannot remember anything. She encounters the special forces team and without knowing anything‚ enters the Hive with them.

Can you remember? Wearing something like underwear‚ weapon in hand; the mysterious woman who displays highly efficient combat skills. As the series goes through the second and third film‚ with the swarming zombies it surpasses fear and becomes comical‚ but I got by being surprised at this one. The second‚ third and fourth films became an unexpected hit series‚ and the plot becomes more and more transcendental.

As we can guess‚ the series was to be rebooted at number five with Milla saying she wouldn’t continue‚ but things took a turn when she changed her mind. The film should have started production from October this year. The locations are the familiar cities of Toronto and Tokyo as seen before in the series‚ and it has a planned October release next year. Let’s hope for the health of female action stars.

Pocket
LINEで送る