女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年11月16日

ブロークン・アロー(1996年) Broken Arrow (1996)

Pocket
LINEで送る

監督 ジョン・ウー/Director: John Woo
出演 ジョン・トラボルタ、クリスチャン・スレーター/Starring: John Travolta‚ Christian Slater

悪のトラボルタ「決まる」

 ジョン・トラボルタは「サタデーナイト・フィーバー」(1977)で颯爽とデビュー、オスカーにノミネートされ、将来を有望視されたものの、以後作品に恵まれず、十数年の長い低迷期があった。息を吹き返したのは怪人クウェンティ・タランティーノの「パルプ・フィクション」からだ。「サタデーナイト」より20年、トラボルタは42歳になっていた
▼きっかけというのはおそろしい。この映画の出演者ときたら、ティム・ロス(海の上のピアニスト)、ブルース・ウィルス(ダイ・ハード)、ハーベイ・カイテル(レザニア・ドッグス)、サミュエル・ジャクソン(評決)ら「クセ者オールスターズ」という顔ぶれで、トラボルタは殺し屋を演じる。時系列が交錯する「パルプ・フィクション」(くだらない話)で、オーソドックスな何かが弾け飛んだというか、居直ったような勢いがトラボルタにつくのだ
▼そこへジョン・ウーである。ジョン・ウーはたぶんトラボルタが気にいったのだろう。つぎの「フェイス・オフ」でもオファを出し、トラボルタは肩で風を切る悪役(この場合二役だが)となって、スクリーンの一画を占める。過去の二枚目も、すらりとした青年像もはるか彼方、贅肉のついた、憎らしげな、およそ普通の世間ではだれも相手にしない、イカレタ中年男の不埒なワルを演じる。相手役のクリスチャン・スレーターが、これまた暴力沙汰の絶えない、ハリウッド随一のお騒がせマンときているから、ジョン・ウーは嵐をはらむ問題児が好きなのか
▼核弾頭を搭載したステルス爆撃機に搭乗し、国境で低空飛行の演習を行っていた、ディーキンス少佐(J・トラボルタ)とヘイル大尉(C・スレーター)。ディーキンスは核弾頭強奪を図り、ヘイルを殺そうとするが失敗、ステルスから脱出。自らも脱出したヘイルと、おいつ追われつ、最後は核弾頭を積んだ列車での大乱闘がクライマックスだ。ディーキンスの最期というのが、こうだ。格闘する男二人を乗せた列車が衝突、ヘイルは間一髪飛び降りるが、ディーキンスは衝突の反動で吹き飛んできた核弾頭を胸に受け…ジョン・ウーはここでトラボルタの肉厚の頬に、不適な笑いをうかべさせる。悪のトラボルタの「決まり」である。なんでそうなるのと聞くのも野暮な、これはジョン・ウー式歌舞伎の大向こうなのだ。

Evil Travolta looks good

John Travolta made his gallant debut in Saturday Night Fever (1977)‚ was nominated for an Oscar‚ and although he had a promising future‚ he wasn’t blessed with good films and was stuck in a long stagnant period for decades. He was brought back to the forefront by mystery man Quentin Tarentino’s Pulp Fiction. 20 years after Saturday Night Fever‚ he had become 42 years old.

The reason for his return is dreadful. This film’s cast include Tim Roth (The Legend of 1900)‚ Bruce Willis (Die Hard)‚ Harvey Keitel (Reservoir Dogs)‚ Samuel Jackson (A Time to Kill); the typecast actor all-stars. Travolta plays the role of an assassin. The chronological order in Pulp Fiction (trashy talk) is interlaced‚ where something orthodox pops out- an aggressive momentum takes hold of Travolta.

John Woo perhaps took a liking to Travolta. He offered him a part in his next film Face/Off‚ and Travolta played the role (in this case‚ the double role) if a swaggering villain‚ occupying the screen. In both of these past films‚ far from the slim young man‚ he performs the flabby‚ hateful kind of guy that no one would deal with in the normal world; a crazed and rude middle-aged bad guy. Christian Slater‚ as his partner‚ again this is the troublemaker of Hollywood‚ always commiting violence- does John Woo like problematic guys who stir up trouble?

Boarding nuclear weapon armed Stealth Bombers and conducting low-altitude flying exercises are Major Deakins (John Travolta) and Captain Hale (Christian Slater). Deakins plans to steal a nuclear warhead and kill Hale‚ but failing do so do‚ ejects Hale and then himself from the Stealth Bombers. A cat and mouse game ensues‚ and in the end a big battle aboard a nuclear warhead loaded train makes for the climax. These are Deakins’ last moments: the train where the men are fighting hand-to-hand combat crashes; Hale narrowly escapes and Deakins is pierced through the chest by the warhead from the reaction of the collision. Here‚ John Woo gives Travolta a fearless smile on his fleshly cheeks. This is the deciding factor of Travolta’s evil. To ask why would be thoughtless‚ this is John Woo style Kabuki.

Pocket
LINEで送る