女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年11月22日

華麗なる相続人(1979年) Bloodline (1979)

Pocket
LINEで送る

監督 テレンス・ヤング/Director: Terence Young
出演 本文に含む/Starring: (included in text)

A・ヘップバーンの背骨

 内容は通俗と言う以外のなにものでもないが、この豪華な配役はどうだ。それもみな、テレンス・ヤングに声をかけられたら「しゃあないわ」という感じなのだ。オードリー・ヘップバーンとヤングは、因縁浅からぬものがある。第二次世界大戦のオランダ、負傷した30歳のヤングは、アーネムの病院で看護師のボランティアをしていた、15歳のオードリーの看護を受けた。映画界入りした二人は「暗くなるまで待って」で監督・主演。オードリーはオスカー主演女優賞にノミネートされた。ヤング53歳、オードリー38歳のときだ
▼ヤングのメガホンの「うたかたの恋」で、水もしたたるプリンスを演じたオマー・シャリフは、本作では真逆の三枚目を引き受けた。ロミー・シュナイダーとなると「トリプル・クロス」の撮影時、妊娠中だった彼女をヤングはいたわり、ライティングやアングルで体型を補正した。ロミーはこのときの思いやりを忘れなかった。台詞は「フランス支社長です」しかなかったと思うモーリス・ロネは、仲良しのロミーが「いっしょに出てあげようよ」なんて言えば、これは断らないよ
▼ロミーとオードリーの初対面(といえるかどうか)はロミーが15歳のとき。同じ機中にオードリーがいた。「ローマの休日」で、彗星のようにデビューした銀幕のプリンセスに、ロミーは胸をときめかせた。それから26年。ロミーは41歳、オードリーは50歳になっての共演だ。だからこの映画の撮影は、出演者たちにとって楽しい仕事だったと思う
▼オードリーの役はやはりというか、大富豪の一人娘、父の事故死のあと、やむなく後継者となり(ガツガツして地位を得たのではないという、スマートな設定)同族経営である従兄弟たちは、次期社長の椅子を狙って虚々実々。オードリーを殺す動機はみな充分。ロミーは体重を増やして、オードリーを追い出すためなら「なんでもやりまっせ」という、コテコテのおばちゃん役を楽しんでいる
▼覚えている限り、オードリーの人気はダントツだった。映画雑誌「スクリーン」でいつも女優のトップだった。なぜだろう。清楚、気品、ユーモア、知性、エレガンス、美しい瞳。いろんな要素はあるだろうが、女優が一般の人に与えられる最高のメチエ(技法)、人生の至福感というものを、彼女はスクリーンから放射することのできる、数少ない女優の一人だったと思う。たとえ現実のオードリー自身がそうでなくとも、人にはそう感じさせることのできる、強い意思や性格や感性が、オードリー・ヘップバーンの映画の背骨にある。

The backbone of Audrey Hepburn

It could be said that other than the content being popular there is nothing else about this film‚ but how about the magnificent cast? When they were approached by Terence Young it was like “I guess so”. Audrey Hepburn and Young have a deep connection. 30 year old young who was injured in Holland in the Second World War received the care of then 15 year old Hepburn‚ who was working as a volunteer nurse at the hospital in Arnhem. Entering the film business‚ he directed and she featured in Wait Until Dark. Audrey was nominated for the Best Female Lead. Young was 53‚ Audrey was 38.

In Young’s directed work Mayerling‚ Omar Sharif who played a spendidly handsome prince undertook the complete opposite role in this film. When it comes to Romy Schneider‚ during the shooting of Triple Cross‚ Young had consideration of Romy Schneider who was pregnant‚ and adjusted her figure with lighting and camera angles. Romy didn’t forget his compassion of this time. Maurice Ronet‚ who thought he wouldn’t get any other line than“I’m the French branch director”‚ couldn’t refuse when his good friend Romy said “Let’s do this for him (Young)”.

Romy and Audrey’s first encounter (if it can be called that) was when Romy was 15 years old. Audrey was in the same flight. In the film A Roman Holiday‚ debuting into fame as a princess on the silver screen‚ Romy’s heart skipped a beat. 26 years after that‚ co-starring together‚ Romy had turned 41 and Audrey‚ 50. That’s why I think the cast had a great time making this film.

Audrey’s role‚ as one might expect‚ is that of a millionaire’s only daughter. After her father’s accidental death‚ she is forced to take over (a clever setting in that she didn’t achieve her status greedily). All of the cousins of the family management shrewdly fight for the chair of the company. Everyone has more than enough reasons to kill Audrey. Romy put on weight‚ and enjoyed the role of the aunt who will stop at nothing to drive out Audrey.

As far as I can remember‚ Audrey’s popularity was the best. In the movie magazine Screen‚ she was always on top. Why is that? Trim‚ graceful‚ humourous‚ intelligent‚ elegant and beautiful eyes. Although there are various factors‚ I think that she was one of the few actresses who had the best technique to give ordinary people; she could radiate life’s feelings of bliss onto the screen. Even if in reality she wasn’t like that herself‚ the strong mind‚ personality and feelings to make people feel that was the backbone of Audrey’s films.

Pocket
LINEで送る