女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年11月23日

ボッカチオ‘70(1962年) Boccacio 70 (1962)

Pocket
LINEで送る

監督 マリオ・モニチェッリ(第一話)、フェデリコ・フェリーニ(第二話)、ルキノ・ヴィスコンティ(第三話)、ヴィットリオ・デ・シーカ(第四話)/Directors: - Mario Monicelli (Part 1) - Federico Fellini (Part 2) - Luchino Visconti (Part 3) - Vittorio De Sica (Part 4)
出演 マリーザ・ソリナス、アニタ・エグバーグ、ロミー・シュナイダー、ソフィア・ローレン/Starring: Marisa Solinas‚ Anita Ekberg‚ Romy Schneider‚ Sophia Loren

 オムニバスとは小品の組み合わせ、といえばいいのだろうか。だからどの監督も気軽に作った、はずなのにこの監督・女優陣は、いやー、気合が入りすぎじゃないですか
▼マリオ・モニチェッリは、日本ではあまり知られていないと思うが、ヴェネティア国際映画祭の審査委員長を務めるなど、イタリア映画界コメディの第一人者。「トスカナの休日」では俳優として出演した。ガン治療中病院から飛び降り命を絶った。94歳だった。最後まで映画に関わっていたかったのに、もう映画が撮れなくなったことが悲しかったにちがいない
▼フェデリコ・フェリーニはアニタ・エグバーグ、ヴィスコンティはロミー・シュナイダー、デ・シーカはソフィア・ローレンが主役を演じる。イタリアが世界に誇る名匠・巨匠が、切り札の女優を惜しげもなく投入しています。なにかこう「あいつがアアならこっちはコウよ。負けておれるかい」という熱気ムンムン。しかもプロデューサーはカルロ・ポンティ
▼言わずと知れたソフィア・ローレンの夫。ローレンも世界的な女優だけど彼の仕事もまたすごい。製作した映画はざっと見回しても「道」「鉄道員」「ふたりの女」「ドクトル・ジバゴ」「ひまわり」。涙あり、笑いあり、貧困あり、歴史あり、戦争あり、およそ人間の精神世界をすべて映像にした、といっても過言ではない。彼はイタリアのみならずハリウッドをも席巻しました
▼ヴィスコンティをロミー・シャナイダーは「わが師」と呼んだ。ヴィスコンティが舞台劇の主役をロミーに打診した。ドイツ人の彼女はフランス語が喋れない。辞退すると「勇気がないのか、君は」で受けたところ、その厳しさときたら「やめろ、帰れ、出て行け、お前の代わりはすぐみつけてやる」泣く、なんてものじゃない、気絶しかけた。でもこのとき身につけたフランス語が、彼女の終生の財産になりました。1970年代以後、ヨーロッパを代表する女優として「追想」「離愁」「地獄の貴婦人」「ルードヴィッヒ」などに抜擢、二度にわたりセザール賞を受賞する
▼デ・シーカとローレン、それにマルチェロ・マストロヤンニの「昨日。今日・明日」「ああ結婚」。言っちゃナンだけど、マストロヤンニは、ミケランジェロ・アントニオーニの「夜」ではさっぱり冴えなかった。暗い監督と強いジャンヌ・モローの間で、いじけていたわよ。それが「昨日・今日」じゃ別人のようにハツラツ。監督がたぶん、彼の喜劇のセンスに点火させたのでしょうね。

Perhaps an omnibus can be said to be a collection of smaller works. That’s why any director should have easily made their part‚ but with this team of directors and actresses‚ did they put too much into production?

I think that Mario Monicelli is mostly unknown in Japan but he is the trailblazer of the Italian comedy film world‚ and has worked as the judging commissioner at the Venice International Film Festival. He appeared as an actor in Under the Tuscan Sun. While undergoing cancer treatment he leapt to his death from a hospital. He was 94 years old. Despite being involved with movies until the end‚ he must have been sad that he could no longer shoot movies.

Frederico Fellini had Anita Ekberg; Visconti had Romy Schneider; and De Sica had Sophia Loren perform in the lead role. The masters and meistros Italy was proud of ungrudgingly inserted their trump card actresses into their films. It was as if there was an enthusiasm of “If he’s doing that‚ I’m doing this. You think I’ll be beaten?” What’s more‚ the producer was Carlo Ponti.

As everyone knows he is the husband of Sophia Loren. Although Loren is an international actress‚ his work is really amazing. Taking a quick look at his films‚ there are: La Strada‚ Two Women‚ Doctor Zhivago‚ Il Ferroviere and Zabriskie Point. Tears‚ laughter‚ poverty‚ history‚ war; it can be said that he roughly produced an image out of the whole mental world of people. Not only Italy‚ but he also conquered Hollywood‚ too.

Romy Schneider called Visconti “my teacher”. Visconti consecutively cast Romy as the lead in stage plays. German Romy couldn’t speak French. Upon quitting‚ he asked her “You’ve got no guts?” His severity was like “Quit. Go home. I’ll soon find your replacement”. She almost fainted. However the French that she acquired at this time became her asset. After the 70s‚ as an actress representing Europe‚ she was selected to star in The Old Gun‚ The Train‚ Le Trio Infernal‚ Ludwig and other films‚ winning the Cezar Award twice.

De Sica and Loren‚ and Marcello Mastroianni’s Slow Dream and Marriage Italian. I’m going to say it but Mastroianni didn’t stand out at all in Michelangelo Antonioni’s The Night. Between a gloomy director and Jeanne Moreau‚ he lost his nerves. That’s why he was like a different person in Slow Dream. Maybe the director lit the fuse of his comedic sense.

Pocket
LINEで送る