女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年11月24日

審 判(1963年) The Trial (1963)

Pocket
LINEで送る

監督 オーソン・ウェルズ/Director: Orson Welles
出演 アンソニー・パーキンス、ジャンヌ・モロー、ロミー・シュナイダー/Starring: Anthony Perkins‚ Jeanne Moreau‚ Romy Schneider

この「門」より入れ

 カフカの「審判」に筋書きを書くのも愚だろう。物語とか解釈とか、解説を拒否したところに、この小説は文学史上不朽の足跡を残したのだから。言語による文学を、イメージをいう共通情報を手がかりに、映画という映像に価値転換した、オーソン・ウェルズという監督の力技に、ただ脱帽すれば足りると思う
▼映像には、能舞台のような様式美がすみずみまで行き渡っている。だれもいない廃屋のようなアパートを背景に、足の不自由な年配の女性が引っ越すと言い張って、大きなトランクを引きずって横切っていく。ヨセフ(A・パーキンス)が話しかけるが「引っ越す」と繰り返すばかりで会話にならない。会話が成り立たないこと、無機質な荒野のような背景が、まずこの映画の特色のひとつだ
▼広大な銀行のフロアに何百人の事務員が、タイプライターを打ち鳴らしている。金属音が絶え間なく響く。ゴーストタウンに置き去りにされたような、巨大なコンピューターがある。判決が下される裁判所は、まるでローマの円形闘技場だ。すり鉢の底にいる被告に、満員の傍聴人が拍手したり、やじったりする。つぎつぎとモノクロフィルムに焼き付けられる、整った美しい映像空間。ヨセフはついに結論をくだす。「なんてことだ。世界が無形で、無意味で、乱れたゲームだと僕に信じ込ませたいのだな。完敗だよ。だからなんだ。全宇宙が狂気だと判決をくだす気か」ヨセフは河原にさまよい出て「だれでもよかったのだ、ぼくじゃなくてもよかったのだ」そしてランニングシャツ一枚になって横たわり、爆死する
▼不気味な社会体制の意思にあやつられる人間の悲劇、運命の非条理は、こうやってヨセフの告発を受けながら、ヨセフに死の審判をくだす。この映画はオーソン・ウェルズのつくった、カフカの迷宮案内とするのは簡単だが、たぶんそうじゃないと思う。オーソン・ウェルズは迷宮などではない、必然であると、最初にはっきり断っている。「だれも入れないが、自分だけのためにある門がある」と。人はこの門に入り進まねばならぬ。必然である。たとえ不条理だろうと全宇宙が狂気だろうと、入らないのなら生きることはできない。「では門を閉めるぞ」そう番人にはじきだされない前に、勇気をもって「その門に入れ」
▼トマゾ・アルビーノの音楽「オルガンと弦楽のためのアダージョ」が素晴らしい。この曲は以後、映画で使われるバロック音楽の定番となった。ジャンヌ・モローもロミー・シュナイダーも、すっかり「ウェルズ組」の一員になって演じているが、出色はやはりアンソニー・パーキンスだろう。31歳だった。繊細で抽象的、植物的で、感情豊かな人物像に彼ほどの適役はいなかった。

Let me in this door

It would be foolish to write the plot of Kafka’s The Trial. That would be to refuse the story‚ interpretation and explanation of a novel that left its immortal footprint on literary history. I think it is enough to take off my hat to director Orson Welles’ feat of strength; literature according to language‚ with a clue on the common information of an image- he transformed the value of images called movies.

In an image‚ stylistic beauty like that of a Noh stage spreads out to every nook and cranny. With the background of a deserted house-like apartment‚ an elderly woman unable to walk asserts that she will move‚ crossing while pulling a large suitcase. Josef‚ (Anthony Perkins) talks to her but she repeats “I’m moving”‚ ending the conversation. Conversation not being established and the inorganic wild background is one of the first characteristics of this movie.

Across the large floor of the bank‚ several hundred employees are punching their typewriters. The metallic sound continually reveberates. There is a gigantic computer like one that was abandoned in a ghost town. The courtroom where the judgment is handed down is exactly like an amphitheatre. To the defendant at the bottom of the mortar‚ the audience clap and jeer. One after the other monochrome film is burned; a beautifully arranged image space. Josef finally makes his conclusion: “What’s this all about? You want me to believe that the world is intangible‚ meaningless and a corrupt game. I give up. So what? Are you going to rule that the whole universe is crazy?”Josef roams about the river bed saying “It could’ve been anyone. It didn’t have to be me” and then stretching out in a single running vest‚ he explodes.

This is a tragedy of a person manipulated by the will of a meaningless social system; it is the irrationality of fate‚ in this way- while receiving his complaints‚ Josef is handed the death sentence. To say this movie is Orson Welles’ guide of Kafka’s labyrinth is easy- but I don’t think it is that. Orson Welles initially refuses that it isn’t a labyrinth but inevitable: “No one can enter; there is only a door for me”. People must advance inside once they enter. It is neccessary. Even if it’s irrational or the universe is insane‚ if you don’t enter you can’t live. Before the gatekeeper forces you out‚ saying “I’m closing the door”‚ you have to pick up the courage and say “Let me in.”

Tomaso Albinoni’s music Adagio in G minor is wonderful. After this movie‚ it became the standard Baroque music to be used in film. Both Jeanne Moreau and Romy Schneider performed as members of Team Welles‚ but the prominent one has to be Anthony Perkins. He was 31 years old. Subtle‚ abstract‚ plant-like and emotional; there were no other actors fitting of this human portrait.

Pocket
LINEで送る