女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年11月29日

誘う女(1995年) To Die For (1995)

Pocket
LINEで送る

監督 ガス・ヴァン・サント/Director: Gus Van Sant
出演 ニコール・ド・キッドマン、マット・ディロン/Starring: Nicole Kidman‚ Matt Dillon

「悪」をペットにした女

 ニコール・キッドマンは23歳でトム・クルーズと結婚、34歳で離婚した。離婚後「ムーランルージュ」「めぐりあう時間たち」と立て続けに快演、「めぐりあう」ではオスカー主演女優賞までとってしまった。一皮むけるとはこういう現象をいうのだろうか。「誘う女」は28歳のときの作品だ。その2年前には「冷たい月を抱く女」。だからというわけではないが、このあたりで早や「ひとかわむけかけている」というか、トムの手におえない女に変身しつつある、予兆みたいなものを漂わせていますね、この映画は
▼一言でいえば「誘う女」は「悪」をペットのような感覚で扱う女の話。悪を知り、悪の存在を認めながらも、しかし悪を統御していく、というのがふつうの人だと思うが、本作の主人公スーザン(N・キッドマン)にかかると「悪」は、抱っこしたりさすったり「よしよし」するペットみたいなのである。テレビに映ることが生きがいのスーザンは(地元局でお天気キャスターをしている)、仕事をやめてレストランを手伝えという夫(M・ディロン)を、自分が講師をしている高校の生徒3人を、色仕掛けやら口からでまかせのウソやらで、抱き込んで殺害する
▼殺害に至るプロセス全般が「ああして、こうして、ね、そうでしょ、バカね、だめよ」というノリで、罪を犯しているとか、高校生を共犯者にするなんてとんでもないことだとか、テンから考えない。スーザンは証拠不十分で無罪。彼女の仕組んだ犯罪と信じる夫の両親は、殺し屋を雇って報復する。スーザンの死体が氷の下にあるスケート場で、彼女と敵同士だった義理の姉が、知ってか知らずか、うれしそうに滑っているところでラストだ
▼事実に基づいての映画化らしい。後味はよくないはずなのに、そのネガを反転させたのは、キッドマンに、悪はスーザンにとって悪ではなく、彼女にとって生まれながらの自然な行動だったと信じさせ、天衣無縫に演じさせたガス・ヴァン・サントの監督術だろう。「マイ・プライベート・アイダホ」でキアヌ・リーブスを、「グッド・ウィル・ハンティング」でマット・ディモンを世に出し、ゲイの政治家「ミルク」では、ショーン・ペンにオスカー主演男優賞をとらせた。ジョン・カサヴェテス(「グロリア」)亡きあと、インディペンデンス系の中心的存在といえる。

A woman who made a pet out of evil

Nicole Kidman married Tom Cruise at 23 years old and was 34 when they divorced. Following this‚ she continued performing well in Moulin Rouge and The Hours‚ winning the Best Female Lead for the latter. Perhaps this phenomenon can be called peeling off a layer? She was 28 years old in this film‚ To Die For. Two years prior she was in Malice. It isn’t because of that but around this time was when‚ as it were‚ she was beginning to peel off a layer; transforming into a woman that Tom couldn’t handle. A sign of things to come appears in this film.

In short‚ To Die For is a story about a woman who treats evil as though it were her pet. Knowing evil‚ acknowledging it’s presence then beginning to control it. I think this is how normal people would be‚ but when it comes to evil and the central character of this film Suzanne (Nicole Kidman)‚ she holds and strokes it‚ “that’s a good boy”- she treats it like a pet. Suzanne‚ who lives to be on television (working at a local station as a weather girl)‚ is told by her husband (Matt Dillon) to quit and help out at the restaurant. She uses her seductiveness and random lies to manipulate three high school students she teaches to kill him.

The entire process up until the murder is along the lines of “Do this‚ do that‚ yeah‚ see? No‚ don’t do that.” She doesn’t think that she is committing a crime or that making high school students her co-conspirators is outrageous. Suzanne is acquitted from lack of evidence. Her husband’s parents‚ who believe she devised the crime‚ hire an assassin to take their revenge. At the frozen lake where Suzanne’s corpse is hidden under the ice‚ her former enemy and sister-in-law‚ knowingly or not‚ skates joyfully over the lake to end the film.

Apparently this film is based on true events. The ending shouldn’t be bad but to flip the film negative was to show that evil wasn’t evil to Suzanne‚ but that she was made to believe it was her natural-born behaviour. This was Van Sant’s directorial technique that made Kidman perform the role flawlessly. My Own Private Idaho was the breakthrough film for Keanu Reeves and Good Will Hunting did the same for Matt Damon. In the film Milk‚ about a gay politician‚ Sean Penn was able to take the Oscar for Best Lead Actor. After the death of John Cassavetes (Gloria)‚ it can be said that Gus Van Sant was the central presence of indie films.

Pocket
LINEで送る