女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

エンタメ

2011年11月30日

ムーラン・ルージュ(2001年) Moulin Rouge (2001)

Pocket
LINEで送る

監督 バズ・ラーマン/Director: Baz Luhrmann
出演 ニコール・キッドマン、ユアン・マクレガー/Starring: Nicole Kidman‚ Ewan McGregor

幸福とは「愛し愛される」こと

 ムーラン・ルージュ(赤い風車)は1899年パリ、モンマルトルにオープンしたキャバレーだ。正面に赤い風車が回っていた。歌、ダンス、フレンチカンカンを演じ、娼館を兼ねたとある。ロートレックが通いつめ、踊り子をモデルに多くのポスターを描いた。ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーが、吹き替えなしでこのミュージカルを熱演したという話。そのせいかどうか、キッドマンはゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を受賞、マクレガーはノミネートされた
▼サティーン(N・キッドマン)は、ムーラン・ルージュの「輝くダイヤモンド」といわれる、パリで最も有名な高級娼婦。彼女を手に入れたい公爵と、若い貧乏作家クリスチャン(E・マクレガー)の間で恋の囚われ人となる
▼公爵が夕食に誘う。サティーンは愛するクリスチャンのため、公爵を受け容れる気になれない。誘い誘われ、落語のいわゆる「行たり来たり」が数度、念入りに繰り返される。「もうどっちでもええやろ」観客がイライラするころ、やはり業を煮やした公爵が、これ以上自分のいうことをきかないと「クリスチャンを殺してしまう」と、サティーンに最後通牒をつきつける。公爵はサティーンをひとりじめにしたいばかりに、劇場の改築やら何やら資金を提供し、サティーンを取り巻くモンマルトルの友人ら(ロートレックもその一人)は、手を変え、品を変え、公爵の手からサティーンをすりぬけさせ、クリスチャンとの恋をまっとうさせようとする
▼でも言っちゃなんだけど、絵空事のお話のなかで唯一、お金だとか劇場の権利書だとか、身請けとか、身請けしたあとの仕事とか、現実感のある台詞をいうのは公爵だけで、彼が最後は恋に破れ、やけくそのあまり、笑いものになってしまうのが、けっこう(かわいそ)という感じだった。サティーンも結核で死んじゃう。「しっかり生きてね」と最期の言葉をクリスチャンに残す。そう「人がこの世で最高の幸せなこと、それは誰かを愛し、その人から愛されること」という劇中の歌が本作のすべてなのだ。キャッチコピーは「ふたりの愛 ひとつの運命」ふうん「ひとつの愛 ふたり運命」だろが?

Happiness is to love and be loved in return

The Moulin Rouge (Red Windmill) is a cabaret lounge that was opened in the Montmarte disrict of Paris in 1899. On the front is a rotating red windmill. Song‚ dance and the French cancan is performed there while also serving as a brothel. Henri de Toulouse-Lautrec was a regular patron‚ drawing posters of the dancing girls as models. Nicole Kidman and Ewan McGregor performed intensely without having their voices dubbed. Whether it is because of that or not‚ Kidman won the Golden Globe for Best Actress and McGregor received a nomination.

Satine (Nicole Kidman) is named the“sparkling diamond” of the Moulin Rouge‚ and is one of the most famous high-class prostitutes in Paris. She becomes caught between the love of the Duke of Monroth and the struggling writer Christian who both want her.

The Duke invites her to dinner. Satine‚ who loves Christian‚ has no feelings of accepting the Duke. Numerous invites are throughly repeated (the so-called come-and-go style of Japanese rakugo). Then just when the audience is becoming irritated (who cares who invites who!?)‚ the Duke who has lost his temper at her unwillingness to do what he says‚ in the end gives her the ultimatum that he will “kill Christian” .

The Duke only wants Satine for himself‚ contributing funds for the theatre’s improvements and renovations. The friends of Montemarte who surround Satine (including Lautrec)‚ try by all possible means to help Satine slip through the Duke’s fingers and fulfill the love between her and Christian.

I’m going to say it but the Duke is the only one in this pipe dream story who speaks realistic lines of money‚ the title deeds of the theatre‚ the redeeming money of the performers and their future work and so on. In the end his love is broken‚ and he becomes the laughing stock of everyone. It is pretty sad. Satine also dies from tuberculosis. The final words she leaves Christian with is “live your life”. The song in the film‚ Come What May is the core of the film. The catchcopy title “Their love. One destiny” should be “One love. Two destinies”. (translators note: the English version had the words: “Truth. Beauty. Freedom. Love.”)

Pocket
LINEで送る