女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

コラム

2016年11月25日

年賀状に添える文章、一言メッセージ文例集【使える年賀状素材】

Pocket
LINEで送る

年賀状に添える文章、一言メッセージ、文例集

手紙の書き方 特別編

手書きの一言が年賀状を変える!

そろそろ年賀状の準備を始めなければいけない時。年賀状素材もネット上に豊富なので自分でデザインする人も多いでしょう。パソコンがあれば宛名書きも 楽々。

 

しかし、表も裏も印刷しただけの年賀状を受け取った時の味気なさといったら…。思い出してください。手書きの一言が添えられている年賀状を見つけた 時の喜びを。たった一言でも、そこに心が宿っているような、温かい印象を受けませんか?

 

短くてもいいんです! ぜひ一言、手書きで添えてみましょう。そ れだけで受け取った側の喜びは何倍にも倍増するはずです。投函する前に、相手を思い浮かべながら、一筆したためてみませんか?

 

 

 

困ったときの、年賀状一言文例集

とはいえ、その「たった一言」が思い浮かばない、と言う方も多いでしょう。年賀状だけの付き合いだと何を話して(書いて)いいのかわかりません。 「おめでとう」とか「今年もよろしく」とか、すでに印刷の文章に書かれていることを書いてもあまり意味がありません。ということで、「使える一言」をご紹 介します。

 

 

相手を気遣う一言、文例

相手の様子を尋ねる一言は、一般的に使いやすく便利です。ただ、元旦に年賀状が届くだけの間柄だと尋ねた返事はもらえません。年賀状ではあくまで社交辞令 のつもりで。本当に相手の様子を知りたい時は、改めて手紙を書いたりメールをしたり電話をしたり、投げた言葉を孵してもらえる手段を選びましょう。

 

例文

  • ご無沙汰していますが、お変わりありませんか?
  • その後、元気にやっていますか?
  • 昨年は○○さんにとってどんな年でしたか?

 

 

普段は付き合いのない方への一言、文例

その方と縁ができた共通の話題を振り返ったり、変化を述べたり、「ご無沙汰」なことを利用してみましょう。年に一度のやりとりではあっても、「だからこそ年賀状には意味がある」と思わせることも重要です。

 

例文

  • 最近、一緒に部活をやっていた中学時代を懐かしく思い出します。
  • 昨年、「おばあちゃん」になりました。(孫が生まれた場合)
  • まだテニスを続けていますか? 私はすっかり体がなまっています。

 

 

なかなか会う機会はない友人への一言、文例

久しぶりの再会を提案したり、あなたの日常を知らせるような内容を書いてみましょう。親しみもあって、温かい印象をもたらします。

 

例文

  • 春頃、一度ゆっくり会いませんか?
  • 最近、ヨガを始めました。随分体が柔らかくなりました。
  • 私は相変わらず仕事に追われる日々です。今度ゆっくり癒してね。
  • 今年は山登りに挑戦しようと思っています。一緒にどう?

 

 

時々は会う友人への一言、文例

普段話す機会のある相手にも、ぜひ一言添えましょう。今年もより一層一緒に何かを楽しみたい、そういう気持ちを伝えるといいでしょう。

 

例文

  • 今年も一緒に旅行しようね。
  • またいいカフェ見つけたよ。今度行こうね。
  • 来月の女子会、楽しみにしています。
  • この前の手作りケーキおいしかったよ! また作ってね(笑)。

 

 

これらはあくまで、「例」です。相手に応じて、伝えたい「一言」を自由に書き添えてみましょう!

 

 

 

Pocket
LINEで送る