女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

エンタメ

2015年11月30日

占い宝珠 橋本恵香の遺言 第3回「人生のバロメーター」

Pocket
LINEで送る

占い宝珠 橋本恵香先生

複雑化した現代社会に対応する分単位の易学「バロ」。度胆を抜く的中率を誇るこの新しい鑑定術の生みの親、「占い宝珠」代表・橋本恵香先生に、「バロ」の世界をご紹介いただきます。

 

 

消えているものを探す運命表

橋本恵香先生

「バロ」は「バロメーター」の略で、人それぞれの「人生のバロメーター」を意味しています。私流に言うと、世間一般的な「命式」「運命表」は〃見えている世界〃の運勢判断です。それに対して私が見つけた新しい易学「バロ」は、それぞれの運勢の〃消えているものを探す〃運命表です。

 

人の人生は千差万別。悩みや問題も十人十色です。欠けているもの、思い通りにいかないこと、手に入らないもの、または手に入れようとするとトラブルになってしまうものなど、人が抱える悩みや苦労はおそらくすべて「バロ」による作用だと言えるでしょう。

 

 

進化し続ける「バロ」。高い的中率に虜

約20年前のある日、ふと思いついた時からその確認作業を続けています。単純な確認から始め、次々に新しい「バロ」ができて、今では10種類以上になっています。

 

「バロ」を教え始めた時、全員が混乱し頭を抱えました。ところがその的中率を体験すると中毒のようになるのか、苦しくても学び続けてくださったのです。おかげさまで「バロ」はほぼ完成された学問となり、かなり楽に学んでいただけるようになりました。

 

次回は、表に出ている運勢と欠けて消えているバロの運勢の違いが分かる例をご紹介します。

 

 

Pocket
LINEで送る