女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

じぶん磨き

2015年12月8日

ブランド店では買えない素敵なクリスマス!世界から集まった唯一無比のジュエリーアート展

Pocket
LINEで送る

ブランド店では買えない素敵なクリスマス!
世界から集まった唯一無比のジュエリーアート展

大賞 「饅頭 steamed bread」 GORT Elisabeth [AUSTRIA]
Tainan National University of the Arts
silver, copper, shibuichi, shakudo

12月、クリスマス。
あちこちでキラキラのジュエリーが目につきます。
誰もが知ってるハイブランド、何十万円もするアクセサリー…。
でもね、正直な話。
出会って感動し、一生の記憶に残るジュエリーって、そんな中にあるんでしょうか?

 

 

「ジュエリー」の概念が変わる!
驚きと発見のアート

準大賞 「equal〈 íːkwəl 〉 」山本 あき YAMAMOTO Aki[JAPAN]Student
福井の海岸に流れ着いたテニスボール・木片、鳥取海岸に流れ着いたいか骨・浮き、シルバー950、アクリル板、真鍮釘、ステンレスピン

今まで持っていた「ジュエリー」の概念を崩される。12月23日(水・祝)まで開催中の「2015 伊丹国際クラフト展」を観れば、そんな衝撃を受けるはずです。伊丹国際クラフト展は、今回で18回目で、「ジュエリー」をテーマに343名が出品、うち海外からは132名というから、まさに国際規模!
今年の大賞はオーストリアのGORT Elisabethさんの作品「饅頭 steamed bread」、準大賞は日本の山本あきさん「equal 」。キラキラ輝くイメージばかりだった「ジュエリー」。でもジュエリーは「石」であり、素材であり、アート。こんなにも多彩で、見たこともなかった色や形、表現があるなんて! そんな驚きに出会える展覧会なのです。

 

 

地域振興から国際規模へ

伊丹賞 「UNTIL THE COLORS COME」
SENDECKA Agnieszka[POLAND]
Royal Academy of Fine Arts in Antwerp Belgium
polyester, polyamide, magnets

そもそも主催の伊丹市立工芸センターは地域振興のため、工芸・デザインの情報発信基地としてオープンした公共施設。
そう聞くと、地方によくある「箱モノ」みたいに思いそうですよね。
でもここはスゴいんです。
各種講座の開催に加え、プロのジュエリー作家を育成する「伊丹ジュエリーカレッジ」開講。
ジュエリー作家さんが次々と誕生しています。
作品販売にも力を入れ、伊丹国際クラフト展のような国際的な公募展も開催してるというから驚き!
日本のクラフトアートにとってエポックメーカー的な存在なのですね。
伊丹という一地域の一つの施設から、そこまで世界が広がるとは…。

審査員賞 「Beach Brooches.」
AITKEN-KUHNEN Helen[AUSTRALIA]
Artist, Teacher
silver925, enamel

キラキラのジュエリーで彩られるクリスマスの季節。
ブランド店もいいけど、こんなスポットのジュエリーを訪ねてみませんか?
お金では買えない感動と発見が手に入る、そんな忘れられない12月になるはずですよ!

Pocket
LINEで送る