女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

2015年12月19日

結婚への第一歩!モテる男子になる 大阪梅田の「イクメン大学」が人気

Pocket
LINEで送る

家族を持つって絶対イイ!

大阪梅田の「イクメン大学」が人気

 

今、日本は未婚・晩婚化が進み、少子化も進んでいる。50歳男性の5人に1人、女性の10人に1人が未婚という。出生率も1.4人と年々少子化が深刻になっています。そんな中、大阪梅田で「イクメン大学」なるものを立ち上げた、株式会社ヴォルテッジ代表、イクメン大学学長の秋山剛社長に取材してきました。

 

 

大阪梅田の「イクメン大学」が人気

―まず「イクメン大学」とはどういったものでしょうか?

 

今、日本では、国を挙げて少子化対策に取り組んでいますが、国がやっているのは子育て支援。でも子供を産む以前にまず結婚率も下がっている。結婚するための出会いをどうするか?ということだと思ったのです。結婚しない理由は色々でしょうが、まったく結婚する気がないかと言えばそうでもない、いい人がいればいつかは、という人が90%なのです。では、その相手と出会えるように、まず一歩を踏み出す気持ちにさせなければと思ったのです。

 

「イクメン大学」と言っても「男子力UP」のプログラムで、男性に恋愛・結婚に自信をつけてもらって沢山の出会いを増やしてもらい、生涯のパートナーを得て子供のいる幸せな家庭を築いてもらいたいというものなのです。

 

 

大阪梅田の「イクメン大学」が人気

―具体的にはどういうプログラムなのですか?

 

まず「コミュニケーション」 「ファッション」の講座で男子力を磨いてもらいます。その後、料理合コンで出会いの機会を設けています。さらに育児、家事、料理などのイクメンコースへ進 みます。隔週日曜日全5回で終了です。今年1月に立ち上げましたが、すでに2人が結婚へゴールインしましたよ。ほんの少しの気持ちの切り替えで人生がガラ リと変わるものだと思います。

 

 

―秋山社長は元プロボクサーだと伺いました。なぜ婚活や少子化に取り組まれているのですか?

 

僕は18歳で子供ができ、結婚しました。今39歳ですが21歳の息子と18歳の娘がいます。ボクシングをしながら、仕事と子育てを両立させていました。若くして家庭を持ったけれど、家族に沢山の幸せを貰いました。だから、結婚の良さを皆に伝えていきたいのです。未婚、晩婚化への取り組みが自分の使命だと思っています 。

 

今の男性は草食系と言われますが、それは結婚に対してのイメージが重すぎる人が多いような気がします。 男性に理想のパートナーはと聞くと男性は「若くて綺麗な人」と言う。女性は年収がいくら以上と答える。

 

では運命の人は?と聞くと男性は「一緒にいて安らげる人」女性は「誠実な人」と答えるのです。つまり運命の人とは自分と自分の大事なものを大切にしてくれる人なのです。 そこに気づけば、相手の見方が変わってくる。そうなれば結婚も現実的になっていきます。

 

せっかくの人生だから、家庭を持って家族の良さを知って欲しい。男性も1人で家族を支えていくと、重く考えず、経済的にも家庭内のこともさらには子育ても、女性と力を合わせて幸せな家庭を築いて欲しいのです。夫婦2人で家庭を支えていくのだと考えれば、結婚へのハードルも低くなると思うのです。

 

 

―なるほど「イクメン大学」とは、少子化対策にも繋がっているのですね。父親と母親が力を合わせて築く家庭で育った子供たちは、幸せかもしれません。

 

オトコを磨きたいあなた、女性と会話が続かないあなた、出会いがないと諦めているあなた、「イクメン大学」で、男子力UPして幸せな家庭を築く一歩を踏み出しませんか?

 

 

 

 

大阪梅田の「イクメン大学」が人気

秋山 剛

イクメン大学学長
株式会社ヴォルテッジ代表取締役
有限会社秋山電気代表取締役
株式会社ハイリード共同経営   ワークスマイル運営
一般社団法人 日本少子化ストップ協会代表理事

 

大阪梅田の「イクメン大学」が人気 大阪梅田の「イクメン大学」が人気 大阪梅田の「イクメン大学」が人気
Pocket
LINEで送る