女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

特集「銀幕のアーティスト」

2015年12月24日

特集「銀幕のアーティスト5」①
オーケストラ(2010年 ファンタジー映画)

Pocket
LINEで送る

監督 ラデュ・ミヘイレアニュ

出演 アレクセイ・フィリポフ/メラニー・ロラン/ミュウ=ミュウ/アンナ・カメンコヴァ

シネマ365日 No.1609

彼女だけ刺激的

特集「銀幕のアーティスト5」①

寄せ集め楽団が奇跡の演奏。ラスト12分のチャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」が絶賛と感動の嵐だ。ラデュ・ミヘイレアニュ監督は「人生とはどこかの時点で夢を実現することだ」と語っている。賛成。共産主義時代の旧ソ連で、ユダヤ人追放に抵抗したため楽団を解雇された、かつてのボリショイ交響楽団の天才指揮者アンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)。それから30年間、彼は掃除夫となって劇場の下働きだ。ある日、支配人室に届いたファックスで、パリの劇場がキャンセルした楽団の代わりのオーケストラを探していることを知る。アンドレイはかつてのメンバーを集め、ボリショイ交響楽団になりすまして、パリのシャトレ座で演奏しようと決心する▼救急車の運転手をしている元チェロのサーシャはじめ、博物館の監視員、ノミの市の業者、引越屋、ポルノ映画の監督ら元楽団員が集まる。開催まで2週間。マネージャーは元KGBのガヴリーロフ。フランス語の達者な彼はエージェントに電話し、「東ロシアのガス王の愛人の、誕生日の招待演奏をキャンセルせねばならない」。「ホームページでは予定は入っていなかったはずだが」「極めて個人的な催事だから表沙汰にしていない」と真っ赤なウソでギャラを釣り上げる。プログラムのメーンはチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と決めた。ソリストがいない。アンドレイはエージェントにアンヌ=マリー・ジャケを指名する。これがメラニー・ロランだ。アンドレイとアンヌ・マリーの間には秘密があるらしい。ミステリアスな展開もあるし、泣かせるシーンも感動シーンもきっちりあって、不足はないが、ホンネをいうと、あざといまでにできすぎなのだ。30年も、なかには楽器すら売り払っていたメンバーの大半が、パリで調達した初めての楽器で、リハーサルもせず演奏を成功させるばからしさなど「奇跡」ではすまない▼天才かどうか知らないが、途中何度も「こんなこと、始めるのではなかった」とか「やめよう、やっぱり無理だ」とか、パリについてさえグダグダこぼしているアンドレイのダメ男ぶりに、監督は念をいれすぎていないか。こういう男をはたして繊細というのだろうか。花の都パリに着いたとたん、エージェントからひとり1ユーロの現金をむしりとって、クラリネット奏者の親子はケータイの販売に血道をあげるし、メンバーたちは蜘蛛の子を散らすように飲み会に。ラストの完成度をあげるために、故意に前フリでギャップを作っているのだろうが、いくら寄せ集めでも、こんな演奏家は、世界中さがしても音楽家のなかにはいない。大真面目に書いて白けさせるのもどうかと思うが、30年とは、なにもしないのは論外だし、たまに練習するくらいでは、指が動かなくなるのに充分すぎる時間だろう。演奏の大成功は、いつのまにかアンドレイとアンヌ=マリーのロマンスの芽生えのようなラストのラブシーンにすりかわっている。言っちゃナンだけどこの映画、結局はアンドレイのようなプレッシャーに弱い男が、最後に美しい親友の娘(アンヌ=マリーのこと)と心を通わせ、楽団員たち共々、ウハウハ、ヨーロッパ各地の招待演奏旅行にくりだすのね▼アンドレイの妻イレーヌは夫がジクジクと計画を打ち明けたとき「離婚するわよ。パリに行かなかったら。マエストロだと証明するのよ。コンサートをやりぬくの。30年待ったのよ」。資金繰りで夫は例によってシュン。イレーヌはパーティで異を挟んだ人物に「なんとかしてよ。スポンサーをみつけてよ。あなたが30年前、夫の公演に乱入してから夫は酒浸り、人生を狂わせたのよ。これ以上ジャマするならタマをちょんぎるわよ!」筋違いもいいところだが、むちゃくちゃ脅しあげ金をださせるのだ。考えてもみよう。演奏者たちはブランクをものともせず、リハなしで珠玉の音色を奏でる、出国するビザ60人分は、その道のプロが一日で偽造する、パリ行きを勧誘された元オーケストラ奏者は、55人無事集まる。おまけに世界的な美人ヴァイオリン奏者は、30年も前に業界から抹消された「伝説のマエストロ」を慕い、ギャラも無視して参画、しかも彼女は崇高なまでのヴァイオリニストであった、母親の血をひく天才ソリストというお膳立てなのだ。感動する前にばからしくならない? 男でも女でも、たとえばイレーヌのような、いざというときケツをまくるやつ、主役を張るには、そんなカラシの効いたやつが必要なのだ。あまりにも調子よく、スンナリ進むアヒルの行進のようなのどかな筋立てのなかで、彼女だけが刺激的だったわ。

 

 

Pocket
LINEで送る