女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

特集「銀幕のアーティスト」

2015年12月31日

特集「銀幕のアーティスト5」⑧
チャーリー・モルデカイ(2015年 コメディ映画)

Pocket
LINEで送る

監督 デヴィッド・コープ

出演 ジョニー・デップ/グウィネス・パルトロー/ユアン・マクレガー/ポール・ベタニー

シネマ365日 No.1616

よいお年をお迎えください 

特集「銀幕のアーティスト5」

今年の笑い納めはこの映画でいきましょう。副題が「華麗なる名画の秘密」です。チャーリー・モルデカイ(ジョニー・デップ)はイギリスの斜陽貴族かつ裏社会のインチキ美術商だ。800万ポンドの税金を滞納し破産寸前だ。彼は妻がヴァカンスで家を留守にしている間に、モルデカイ家の象徴であるチョビ髭を蓄えた。この映画は品がないとかくだらないとか、さんざん悪評をこうむり、興収も決してヒットとはいえなかったが、案外センスのいいドタバタだと思うのだ。一例をあげると、モルデカイの鼻の下に突如出現した異物、チョビ髭に対する関係者の反応はこうである。最愛の妻ジョアンナ(グウィネス・パルトロー)「顔の真ん中に女性のアソコが。5分で剃って」。M15の警視マートランド(ユアン・マクレガー)「そのブラシはナンだ」。画商「唇の下に毛虫の死骸? ヘルペスでも隠しているのか」この手のセリフは序の口ですから、まあ品が悪いことになるのでしょうか(笑)▼モルデカイの美術品詐欺に目をつぶるかわり、闇社会の情報を取っていた警視は、税金の滞納だけはヤイヤイ催促する。「君は女王陛下の政府に対し、800万ポンドの借金があるのだ」。警視がしばしばモルデカイの邸宅を訪れるのは、ジョアンナに惚れているためだ。モルデカイにジョアンナに警視、彼ら3人はオックスフォードの同窓生で、モルデカイにいわせると、警視は「詩人になりそこね」ドロップアウトした男である。ジョアンナはヒゲをたくわえるより「お金を蓄えて!」と一喝。家にある名画のなかから、シェルダンを売ると決める。「絵を売るなんて許さない」とうっかり口をすべらしたモルデカイ。「許さない?」妻の冷たい一瞥に「いや…君がいいというなら」。貴族のタカビー女とヘタレ亭主を漫画的に演じる、ジョニデとパルトローの息のあうこと。そこへ一枚噛むマクレガーの陰険さが薬味を効かせる▼ゴヤの名画が盗まれ、警視は裏社会に通じているモルデカイを捜索に引き込んだ。借金返済のためモルデカイは独自のルートで調査を始めた。ゴヤ専門の美術商、ロールスロイスの修理工、テロリスト、ロシア・マフィアが名画を自分のものにしようと行方を追う。ゴヤの絵になにゆえかれらは血道をあげるのか。理由というのはこういうこと。第二次世界大戦中、ゴヤの絵を手に入れたナチのゲーリングはスイスの地下銀行に莫大な隠し財産を預け、キャンバスの裏に口座番号を書いた。彼が連合軍につかまり絵は行方不明、数百億ドルの財産は眠ったままだ、だから革命家やロシア・マフィアはテロや麻薬の軍資金として狙いをつけたわけ。名画はいまどこに。ここでジョアンナまで調査に乗り出し、絵画修復の名工がゴヤの名画の下に、さらなる名画、ゴヤの幻の最高傑作「ウェリントン公爵夫人」が描かれていることを突き止めた。彼女はそれを取引に用いたが殺され、キャンバスだけ奪われた。一枚のキャンバスの隠し場所はどこ?▼隠し場所は、モルデカイが売りに出したロールスロイスの天井だった。これを取り返すために、モルデカイとジョアンナが策謀する幻の名画争奪戦がクライマックスです。彼らは絵を取り返し、800万ポンドを払わねばならぬ。納期は明日だ。ここでオークションに出したシェルダンが大化けします。ぐんぐんせり上がる売値。とびかう数字。シェルダンの裏には「公爵夫人」が隠れている。セリ落とした買い手が、シェルダンを運び出すまえに、モルデカイが用意した偽シェルダンとすり替えねばならぬ。けっこうスピーディでして、息もつかせません。ジョニデがチョビ髭をひねりながら、まともに見ていればアホらしくなるアクションもやる。批評家の怒りをかきたてるのに充分なふざけぶりです。モルデカイがアメリカをコケにするセリフもふるっています。警視に尻を叩かれ、名画を追ってアメリカにいくことになったモルデカイいわく「あの劣悪な植民地か! カリフォルニアだと? ヘドが出る」。おちぶれたとはいえ、これがイギリスの貴族の実感なのでしょうかね。ジョアンナは英雄でも知識人でも、まして天才でもないモルデカイを愛しているのですが、それはモルデカイが完全に尻に敷かれ、かつそれに満足していることと、彼の果てしないイカレぶりが彼女を笑わせてくれるから。ジョアンナに愛をささげる警視に「やっとまともな知性を備える人と話ができたわ」と彼女は言うのですが、知性より笑いのほうが共にいる人生にはふさわしいのかも。来年が健康と笑いにあふれる明るい年でありますよう、みなさま、よいお年をお迎えください。

 

 

Pocket
LINEで送る