女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

エンタメ

2011年10月10日

30年の歴史を味わう 四川料理「御馥(イーフー)」

Pocket
LINEで送る

大阪で初めて出した「大エビのマヨチリ炒め」

 北大阪急行千里中央駅南口下車、セルシーB1にある「御馥」は、洗練された四川料理のお店。
 同店の主任によると、人気の「大エビのマヨチリソース炒め(1890円)」は、御馥オーナーシェフ・黄村宝氏が梅新の四川料理店で、30数年前に大阪で初めて出した料理なのだとか。
 エビはプリプリとした歯ざわりが小気味よく、ほどよい甘さのマヨチリソース味に満足。揚げたポテトで出来たメッシュ状の盛り付け器をバリバリ壊しながら食べると、マヨチリソースがしみ込んだ味に、思わずうまい!と叫び声を。
 平日の「ビジネスランチ(5品850円)」に、同商品のバリエーションが登場する日もあります。
 女性を主に会社員、家族連れファンが多いお店。

Pocket
LINEで送る