女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2011年8月1日

フラで身も心も癒される

静子クウオミ・マカマエ大西さん
ピカケ・レイラニ・フラハラウ主宰

自然に感謝し、踊りを通して神々に感謝する

「20年前ハワイで聞いたハワイアンのゆったり・ほっこりしたリズム、そして「アロハ」という意味を知って一度にフラに魅せられました。「アロハ」の言葉には、いたわりの愛とゆったりした心・大きな気持ちで人と接する…深い意味が含まれているのです」
オアフ島のクムフラに師事して10年フラダンスを学び、ハワイ好きな人たちの要望もあって教室を開いたのが始まり。今では奈良県内40教室以上に広がり、神戸や大阪・京都などのフェスティバルにも参加。ハワイ・ホノルルのフラ大会では特別賞を受賞して教室の皆さんと一緒に本場の大通りをパレードしたことも。
「フラが他のダンスと違うのは各ポーズをつないで物語を作っていく点にあります。フラは神様とのボディーコミュニケーションなのです。自然に感謝し踊りを通して神々に感謝する…、身も心も癒される踊りです」
今も3ヶ月に一度ハワイの先生宅へレッスンに行き、年に1~2回は生徒さんも一緒。「今後もますますハワイとの交流を深めて友好の絆を強めたいですね」