女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年10月21日

伊賀・甲賀 忍者の里ががっちりスクラム

Pocket
LINEで送る

異例の交流人事で観光や産業を活性化

 古くから忍者の里として知られる伊賀(三重県伊賀市)と甲賀(滋賀県甲賀市)。数多くの映画やドラマ、小説や漫画などで描かれてきた両市が手を結び、観光や産業の振興に取り組んでいます。
 今春、両市で発令された異例の人事異動が注目を集めました。伊賀市から内田充紀さんが甲賀市産業経済部観光戦略推進室へ、甲賀市から伊東正樹さんが伊賀市産業建設部商工労働観光課へ。全国でも珍しい交流人事です。
 中部(三重県)と近畿(滋賀県)という行政区分を越えた人事異動が実現したきっかけを、「同じ忍者という歴史的資産」と口を揃える内田さんと伊東さん。これまでほとんど文化や情報の交流がなかった両市ですが、今後は忍者関係の施設を巡るバスツアーやイベントなどの共同事業を積極的に進め、国内外に広くアピールする方針です。

 物語の世界では長くライバル同士として描かれてきた伊賀と甲賀ですが、「今後も対立の構図を崩すつもりはない」と話す伊東さん。「例を挙げればAKB48の“総選挙”のように、あえて対立を前面に押し出すことで話題性を煽り、関心を呼ぶこともできる」(笑)
 「新名神自動車道を利用すれば、大阪・名古屋どちらからでも日帰りできるアクセスの良さもアピールしたい」と言う内田さんも、「グッズの企画販売など、民間企業も巻き込んだ息の長い取り組みを続けていきたい」と期待を込めています。

Pocket
LINEで送る