女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年10月24日

KAIの異文化交流日記 Vol.9

Pocket
LINEで送る

Roo bar

A famous Australian symbol is the yellow road sign with a kangaroo. There are many more‚ including koalas‚ camels‚ wombats‚ snakes and even penguins. Away from the city and suburbs‚ it is common to see these signs. Around dawn or dusk‚ it can be very dangerous to drive on the country road when the animals are most active.

To protect people and their cars‚ it is common to see many cars and 4WDs with large steel or aluminium bumper bars attached to the front. We call them roo bars. Without one‚ people can be easily killed or crash their cars when hitting a kangaroo or other large animal at over 110kmph (some country roads have no speed limit).

Of course‚ roo bars are uncommon in Japan. The terrain and wildlife are completely different. Even so‚ it would be dangerous to crash into a wild boar‚ bear or deer in the mountains.

 「ルーバー(カンガルーバー)」

 有名なオーストラリアのシンボルに、黄色いカンガルーの共通標識がある。コアラ、ラクダ、ヘビ、ウォンバット(オーストラリア産特有の有袋類動物)、ペンギンが書かれているのも多い。市街地から離れた田舎や郊外でよく見うけられるものだ。夜明けと夕暮れは、動物たちが活動的だから、田舎道を運転するのはとても危険だ。

 人と車を守るために、車の前に、大きな鉄製のバンパーがついた車や4駆をよく見かける。それが「ルーバー」なんだ。それなしで時速110キロで走っていて、カンガルーやもっと大きい動物(例えばラクダ)に当たると、簡単に人は死んでしまうし、車もつぶれてしまう(田舎によっては時速無制限だ)。

 もちろん、ルーバーは日本では見慣れないものだ。地勢と野生動物が(日本とオーストラリアでは)まったく異なっているからね。それにしても、日本でも山から出てきたイノシシやシカやクマに衝突するのは危険ではあるだろう。

Pocket
LINEで送る