女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2011年10月25日

神戸復興のシンボル

Pocket
LINEで送る

神戸震災復興記念公園 みなとのもり公園
兵庫県神戸市

緑に囲まれたみんなの笑顔、この平和は震災復興の証

今も多くの方々が苦しむ東日本大震災。絶望的な気持ちになりますが、このみなとのもり公園を訪ねると希望の光が見えてくるように思えます。そう、この公園は阪神大震災で被災した神戸の復興のシンボルなのです。
ビルが建ち並ぶ三宮駅からフラワーロードへ。高層ビルが建ち並び、人々が賑やかに行きかう神戸の街に、震災の影を見ることはほとんどありません。

15分ほど歩くと、広い緑の空間が開けます。日曜ということもあって、広大な芝生広場のあちこちでお弁当を広げる家族連れやカップルの姿。ボードを抱えた若者達が向かう先にはニュースポーツ広場が。バスケに興じる少年達、ダンスの練習に夢中の女の子・・・若いエネルギーが集まったような広場でした。
でもここ、楽しいだけの公園じゃありません。地下貯水庫や備蓄倉庫、仮設トイレなどが揃った防災公園なのです。芝生広場脇の「安全の鐘」には、震災の瞬間に止まった時計、崩れた橋脚などが保存されていました。ここで幼い子や孫に震災の話をする方や、時計に手を合わせる若者の姿がしばしば見られるそうです。
今は辛くても力をあわせ、時間をかければ、こんなに見事に復興できるんだ! そんな風に励まされます。今だからこそ、この公園で勇気をもらいましょう。

Pocket
LINEで送る