女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

スポーツ

2011年11月2日

全国2チーム目の警察硬式野球部が誕生!

Pocket
LINEで送る

兵庫県警察硬式野球部「県警桃太郎」

白球にかけた夢 職務遂行と都市対抗戦出場の両立を目指す

 野球熱の盛んな兵庫県にこのほど、警察の硬式野球部としては警視庁に次いで2チーム目となる同県警察硬式野球部が発足しました。限られた練習時間の中、白球を追う選手たちの目は真剣そのもの。「ハツラツとしたプレーで県民の皆さんとともに、夢と感動を共有したい」と希望に燃えています。
 硬式野球部のチーム名は、「鬼退治をする桃太郎=悪を退治する警察官」のイメージから「県警桃太郎」と名付けられました。18~23歳の16名のメンバーの中には、甲子園出場者や社会人野球から勧誘された有力選手も含まれており、監督は県警軟式野球部で指導経験のある高司(たかじ)健司警部補が務めています。

 昼夜を問わない勤務のため全員が揃って練習する機会が少なく、24時間勤務が明けた直後にグラウンドに集まるなど選手たちを取り巻く環境は厳しい面もありますが、大好きな野球を続けられる喜びはひとしお。自ら主将に名乗りを上げ、選手をまとめる家城拓司さん(西宮署地域課)は、「限られた時間だからこそ一人ひとりの意識づけが大切。メリハリのある中身の濃い練習を心掛けている」と話します。
 2011年中にクラブチームとして日本野球連盟に加盟し、22年に公式戦参加を目指すチームの目標は、都市対抗戦への出場。職務と野球を両立すべく、大きな夢に向かって走り続けます。

Pocket
LINEで送る