女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年10月28日

第1回『飛鳥学冠位叙任試験』開催

Pocket
LINEで送る

飛鳥ファン必見!『飛鳥科挙』に記者も参加

 10月9日(日)奈良県明日香村でご当地検定を受けました。飛鳥版科挙(かきょ)「飛鳥学冠位叙任試験」です。受験料2500円。北海道から参加した熱心な飛鳥ファンもいて、難問奇問42問に挑みました。受験者は約200名、試験はクイズ形式で8つのポイントを廻って、問題をもらい解答するというものです。
 飛鳥駅前をスタートして、午後4時までにゴールする。成績に応じて、聖徳太子縁の「冠位十二階」にちなんで冠位が授与されます。結果は11月に自宅に郵送されます。ポイントは石舞台や明日香民俗資料館、万葉文化館などです。ポイントを廻りながら受験者同士意見交流をしたり、黄金色に実った田を見たりと飛鳥ファンの輪も広がりました。

 ちなみに、科挙の試験問題を一つ。
 『日本書紀』によれば明日香浄御原宮では様々な行事が行われていました。行われていたという記録がない行事はどれ? ア 博戯  イ 饗宴  ウ 盟神探湯  エ 大射

 こんな難問が40問と2問の作文。問題よりこの作文が難しかったと思います。参加者によっては、能力検定というよりも体力検定では?という声も。
 試験当日は、ちょっと暑かったですがお天気にも恵まれて明日香の秋を満喫できました。

Pocket
LINEで送る