女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年11月7日

KAIの異文化交流日記 Vol.11

Pocket
LINEで送る

Ice-cream

Last week I was told by the chief editor that Australians consume the most icecream in the world. According to dairyaustralia.com.au‚ Australians eat 18 litres per person and are actually ranked 3rd after the United States and New Zealand.

If we consider the Australian climate we know that it is very hot in summer. Another factor is that the state capital cities are located on or near the coast.

Put simply: summer + beach = icecream. Makes sense to me.

In supermarkets‚ icecream is sold as ice-cream bar family packs‚ or in large tubs (2-3 litres). At the beach in summer‚ ice-cream cones can be bought from Mr. Whippy‚ a white van that plays music.

However‚ icecream sales remain strong outside of the hot months. Why is this? Here are three reasons:

1. clever marketing (television and print advertising)
2. flavour innovation (new flavours and changes to old products)
3. low cost

It might surprise you to hear that we generally do not have custard pudding or shaved-ice with syrup in Australia. It might be a business opportunity for a Japanese business to consider.

「アイスクリーム」

アイスクリームの消費が、オーストラリアは世界一だと編集長が先週言った。dairyaustralia.com によれば、オーストラリア人は1人18リットル、アイスクリームを食べ(年間)、米国、ニュージーランドについで世界3位だった。

オーストラリアの夏はたいへん暑い、それがひとつ、もうひとつのファクターはオーストラリアの主要都市はそれぞれ海岸にあるということだ。
要するに、夏+ビーチ=アイスクリーム ということになる。

スーパーでは、ファミリーパック用のアイスクリームバーや、2、3リットルもある大きな容器に入ったアイスクリームが売られている。夏のビーチでは、手にもって食べるアイスクリームは、白いバンでやってきた音楽を流すMr.Whippyから買うことができる。

しかしながら、アイスクリームの売り上げは暑い月以外でも安定している。
なぜか。理由を3つ挙げてみた。

1 賢いマーケティング(メディアを使った上手な宣伝)
2 味の改革(既存商品を改良し、新しいティストを出していく)
3 安価

オーストラリアに、プリンやかき氷がないと聞けばあなたは驚くかもしれない。
案外、日本企業のビジネスチャンスになるかもしれないね。

Pocket
LINEで送る