女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年12月2日

特集 ヌーヴェル・ヴァーグの女王 ジャンヌ・モロー 死刑台のエレベーター(1958年) Elevator to the Gallows (1961)

Pocket
LINEで送る

監督 ルイ・マル/Director: Louis Malle
出演 ジャンヌ・モロー、モーリス・ロネ/Starring: Jeanne Moreau‚ Maurice Ronet

ヌーヴェル・ヴァーグの女王

 舞台で「熱いトタン屋根の上の猫」を演じるジャンヌ・モローをみたルイ・マルは、モローの力強いケタはずれの演技力に「ビビビッ」となり、芝居が終わった夜遅く彼女の楽屋を訪れた。24歳の無名の青年・マルが切り出した、予算もろくにない映画の話を、モローは受ける
▼デビューして足掛け10年。モローはろくな映画に出演していなかった。かろうじて「現金に手をだすな」のジャン・ギャバンとの出会いがあるが、ほとんどは愛人か娼婦か、敗退する女の役ばかりだった。マルは裕福な恵まれた家庭で生まれ育ち、ソルボンヌ大学で政治を学ぶエリートコースを歩んでいたが、家族の反対を押し切って国立映画学校に入学。海中カメラマンとしてカリプソ号に同乗した。このとき携わったドキュメンタリー「沈黙の世界」がカンヌ国際映画祭で金賞を受賞する
▼女優としての現状に鬱屈していたモローは、じゃらじゃらした装飾も感傷もない、マルのドキュメンタリーな映画手法に、文字通り剥き身にされる。監督と公然と恋仲になったモローは、恋人を探して夜のパリをさまようインモラルな女を、非情なまでに演じた。自分が成長する手ごたえを確信したモローは、独特の挑発的なまなざしで、ふてぶてしさと純情、成熟した女と少女、信頼と裏切りという、複雑な重層する女の表情を、自信をもって演じきった
▼本作はマルとモローを一躍ヌーヴェル・ヴァーグの最前線に押し出した。だれがなんと言ってもモローを「ヌーヴェル・ヴァーグの女王」にしたのは本作である。マイルス・デイビスの即興演奏については、もう書きたくない。できうれば公開から53年たっても、品質がひとつも劣化しない映画には何があるのかを、再度確かめてほしいと思う
▼最後にひとつ。撮影のアンリ・ドカエだ。モーリス・ロネの、ついていない情夫の、ドジをふんでしまったたよりなげな表情、暗室のくらがりからヌッと現れ、ジャンヌ・モローに引導を渡す、リノ・バンチュラの現場一筋の刑事ぶり。この映画のなにが、どこがいいのかを一言で言えば、こういうシーンの得もいえぬ「あざやかさ」だ。観客の目はドカエのカメラに代替されてしまった。台詞と説明ではなしえない技、これが映画だという驚きに、たぶん初めて観客は気づかされたのではあるまいか。

The Queen of Nouvelle Vague

Seeing Jeanne Moreau in the stage production of Cat on a Hot Tin Roof‚ Louis Malle was transfixed by Moreau’s extraordinary acting ability and visited her dressing room late at night after the play had ended. The nameless young man began to talk of his low budget film idea‚ and Moreau accepted.

Nearly 10 years after her debut‚ Moreau hadn’t performed in any decent films. Barely‚ she met Jean Gabin of “Don’t Touch the Loot”‚ but she mostly played women on the losing end of life; mistresses or prostitutes. Malle was born and raised in a family blessed with money‚ and although he studied an elite political science course at Sorbonne University‚ against his family’s objections he entered the French state film school (La Femis). As an underwater cameraman‚ he rode the Calypso. The documentary film he worked on at this time‚ Le Monde du silence‚ won the Cannes Film Festival Palme d’Or.

Moreau‚ who had been feeling gloom at her current state as an actress‚ had no jingling decorations or sentiment; in the literal sense‚ her shell was removed by Malle’s documentary-style film techniques. Moreau‚ who fell into an open love relationship with the director‚ heartlessly portrayed an immoral woman who walked the Paris streets at night in search of her lover. Moreau‚ confirming her self-growth‚ with her particular provocative looks she confidently played boldness and purity; a mature woman and a girl; trust and betrayal that are the complex and multilayered expressions of a woman.

Overnight this film pushed Malle and Moreau to the front line of Nouvelle Vague. No matter what anyone says‚ it was this film that made Moreau the “Queen of Nouvelle Vague”. I no longer want to write anything about Miles Davis’ impromptu performance. If it’s possible‚ I’d like people to reconfirm what is in a film that hasn’t deteriorated in the slightest even 53 years after its release.

One last thing: cinematographer Henri Decae. Maurice Ronet’s helpless expression of the clumsy and unlucky lover‚ Lino Ventura’s detective who emerges from the darkness and gives Jeanne Moreau her final words. To say what and which part of this film is good would be the “vividness”
of these kinds of scenes. The eyes of the audience are substituted by Decae’s camera. Techniques that aren’t able to be produced by dialogue or explanation; I think this was the first time that audiences were made aware of this surprise of cinema.

Pocket
LINEで送る