女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年12月12日

エイリアン(1979年)【アクション映画】 Alien (1979)

Pocket
LINEで送る

監督 リドリー・スコット/Director: Ridley Scott
出演 シガニー・ウィバー/Starring: Sigourney Weaver

空前絶後の悪の主役

 公開された1979年当時はどんな年だったのだろう。「愛しのエリー」「愛の水中花」が、CMでは「燃えろ、いい女」がヒットし、初の東京女子国際マラソンが開催された。80年代に入ると、松田聖子が代表するぶりっ子が大流行。80年代は女性の時代ともてはやされ、日経株価が初の2万円を突破した
▼この裏で着々と進んでいたのが少子化である。遠からず成人男子の労働力だけでは限界が目にみえてくる。パートやアルバイトとしてではなく、もっと本格的に女性の能力やスキルを使わせないと、経済競争はヤバイことになる。日本が男女雇用機会均等法でお茶を濁しているあいだに、もっとクールな計算のもとに、新しい女の像をこしらえようとしたトップらがいても、不思議はなかっただろう
▼例えばハリウッドの一画で、凶悪なエイリアンに立ち向かう、航海士リプリーのような女性ならどうだろうとか。バブル到来を告げた87年。本欄で先に書いた「エイリアン2」は86年の公開だ。このシリーズ2作の背景には、バブルの狂乱といずれくる崩壊の、地熱のようなパワーがドクドク脈打っていた
▼オープニングの、宇宙貨物船ノストロモ号の登場がみごとだ。乗組員が冷凍で、何年間も眠ることのできる宇宙船が、宇宙の塵のなかを地球に帰還中。旅の汚れと疲れの滲んだ、巨大な船体がリアルだ。エイリアンとは悪の権化である。この悪の主役には空前絶後のパワーがある。殺戮のための殺戮を、ためらいもなくやってのける、情緒不在の怪物に、一人生き残った、女性航海士リプリー(S・ウィバー)が立ち向かう
▼フェミニズム的見地からすればここがミソなのだが、しかし、当時リプリーを支持したのは、彼女と同年の30歳前後の若い男性が少なくなかった。彼らは決してリプリーの「三角のちっちゃいパンティ」だけに拍手したのではないだろう、彼女の行動そのものに共感があったのだろう
▼どんな共感か。男の美学の範疇にあった女のイメージを、たぶん変化させたのではないか。若い男性があこがれる先端機器を使いこなし、女子マラソンに出場したら、優勝しそうな持久力を備え緊急危機管理に長ける。おれがリストラされても頼りになるぞ…確かに時代はDINKS(男女協働)に向かっていたのだ
▼リドリー・スコットがどんな注文をつけたのか知らないが、スイスの画家H・R・ギーガーが視覚化した「エイリアン」は、実在しているものを描いたと思えるほど、ぞっとする悪の権化を形象した。このヴィジュアル化なくして、エイリアンの成功はなかったと思える。

The greatest villainous antagonist of all time

What year was 1979 in Japan‚ the year of this film’s release? There was the Southern All Stars hit “Itoshi no Eri”‚ Matsuzaka Keiko’s “Ai no Suichuuka”and the Shiseido summer campaign television commercial“Moero ii Onna”(starring Ono Miyuki). Entering the 80s‚ the cutesy girl that Matsuda Seiko represented really took off. The 80s was an era in which women were made much of‚ and the Nikkei broke 20‚000 yen.

Behind this was the steady approach of a declining birth-rate. Before long‚ the working force of adult men was seeing its limits. Not just as temporary workers or part-timers‚ but without the more earnest utilisation of women’s knowledge and skills‚ the economic competition would be in trouble. While Japan was being ambiguous with the Gender Equality in Employment Act‚ under cooler calculations‚ it would not have been strange for some of those in power to have made a new image of women.

For example‚ in one area of Hollywood how about a woman like the spaceship crew Ripley‚ who confronts a villainous alien? The advent of the bubble was in 1987. Previously featured in this column was Aliens‚ released in 1986. In the background of these two films‚ the fury of the bubble and the geothermal energy of its imminent collapse was pulsating.

The appearance of the commercial towing spaceship Nostromo is brilliant. The crew are frozen (in stasis)‚ and the spaceship where years of sleep is possible‚ is returning to Earth from the specks of space. The mixture of both fatigue and dirt of the giant spaceship is real. The alien is the embodiment of evil. The villainous antagonist has the greatest power of all time. Without hesitation it manages to massacre the crew for the sake of it‚ leaving one survivor‚ spaceship crew Ripley (Sigourney Weaver) to the face the emotionless monster. From the point of view of a feminist‚ this is the good thing‚ but at the time there were many young men around the same age as Ripley who supported her. They probably didn’t applaud Ripley at all for just her “small‚ triangular panties”. They sympathised with her actions.

What kind of sympathy? Perhaps the image of women of the aesthetic catergory that men have was changed? Being able to use state-of-the-art machinery that men love‚ and should she run in an all-women’s marathon‚ she excels at emergency crisis management which provides her the stamina to win. “Even if I am fired‚ I can rely on her.” Certainly this era was moving toward DINKS (Double Income No Kids).

I don’t know what request Ridley Scott made but Swiss artist H.R. Giger’s visualised Alien is illustrated as though it actually existed; formed as the embodiment of a horrifying evil. Without this visualisation‚ I think Alien wouldn’t have been successful.

Pocket
LINEで送る