女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年12月13日

パリの灯は遠く(1977年)【シリアス映画】 Monsieur Klein (1977)

Pocket
LINEで送る

監督 ジョセフ・ロージー/Director: Joseph Losey
出演 アラン・ドロン、ジャンヌ・モロー/Starring: Alain Delon‚ Jeanne Moreau

突き放した「悲劇」

 本作の舞台となっているのは1942年、ナチ占領下のパリだ。だれが味方か敵かわからない、陰鬱な時代を描いたカフカ調の作品だが、もうひとつ、つかみどころがないのだ。アラン・ドロンは「暗殺者のメロディ」で、ジャンヌ・モローは「エヴァの匂い」でジョセフ・ロージーと組んでいるから、仕事に戸惑いはなかったと思えるのだが、一言でいうと二人ともノリが悪いのである
▼アラン・ドロンはこのとき41歳、彼は63歳のとき「ハーフ・ア・テャンス」で引退を表明するが、「パリの灯」から22年間のその間に、12本の映画を撮った。「パリの灯」以前の20年間に出演した作品は46本。この質量の違いを思うと、なんだか「パリの灯」は、アラン・ドロン衰退期の入り口にあった映画のような気がする。ジャンヌ・モローとくれば、自分で監督した「リュミエール」を撮り終え、エリア・カザンの「ラスト・タイクーン」の撮影が始まる前の、5日間だけ本作に入ったのである。役どころは優雅なユダヤ人女性だったが、数分で画面から消えてしまい、ハリウッドの仕事にもどっていった
▼「暗殺者の」でもそうだったが、映画全体の虚無的な雰囲気は本作でも変わらず、無意味が人生を支配するという、ロージー好みの複雑で冷たい意思が全編に流れている。ストーリーはこうだ。ロベール・クライン(A・ドロン)は、迫害を恐れて国外脱出を図るユダヤ人から、美術品を安く買い叩き成功した美術商で、魅惑的な友人たちに囲まれて満足に暮らしている。ところがある日、彼宛にユダヤ人機関紙が送られてくる。調べてみると、パリに同姓同名のユダヤ人がいて、警察からはユダヤ人だと疑われたロベールは、出生証明書をとりよせるが、祖母の分だけがなかなか取れない。ぐずぐずしていたらホロコースト行きだ
▼彼はロベールを見つけて、自分がユダヤ人でないことを証明しようと、パリ中を奔走する。ついにロベール・クラインと呼ばれる男を発見する。収容所に向かう列車に彼が乗り込む雑踏のさなかだった「出生証明書が出たぞ」と叫ぶ友人を振り切り、ドロンは人をかきわけロベールを追い、列車に入り込む。そのうしろで列車の扉は閉まり、彼は収容所送りとなる。ロージーはクラインの悲劇を突き放す
▼もし監督がマーティン・スコセッシなら、もっと懲りに凝ったディテールをつくりあげ、デヴィッド・リンチなら極彩色の闇の迷宮に仕上げ、クリント・イーストウッドであれば、小さな明り取りの窓をひとつ、つくるだろう。奈落に引きずりこまれるようなエンディング。これがロージーなのである。

An abandoned “tragedy”

The setting of this film is Nazi-occupied Paris‚ 1942. In a gloomy era where anyone could be your enemy as in works by Franz Kafka‚ one more thing is that it is vague. Joseph Losey worked with Alain Delon in The Assassination of Trotsky and Jeanne Moreau in Eva so I thought that there wouldn’t be any confusion‚ but in a word‚ the two of them had difficulty getting into things.

At this time Alain Delon was 41‚ and when he was 63 in Half A Chance‚ he announced his retirement from acting‚ but during the 22 years since Monsieur Klein‚ he appeared in 12 films. In the 20 years prior to Monsieur Klein‚ he starred in 46 films. When I think of this mass‚ I get the feeling that Monsieur Klein was at the beginning of his period of decline. Then there is Jeanne Moreau who after completing her self-directed Lumiere and before beginning the shooting of The Last Tycoon‚ was only five days into this film. Her role was an elegant Jewish woman but within minutes she disappeared from the screen and returned to her Hollywood work.

The Assassination of Trotsky was the same: the overall nihilistic air of the movie is no different to this one - maninglessness controlling life; the whole film is flowing with Losey’s preferred complexity and a cold intention. Here’s the story: Robert Klein (Alain Delon) is an art dealer who buys artwork from the Jews who are planning to leave the country to escape persecution. He is surrounded by attractive friends and is living satisfactorily. One day‚ however‚ a Jewish newspaper is delivered to him in his name. After investigating‚ he learns that there is a Jewish man of the same name as him. Robert is suspected by the police as being a Jew and although he sends for his birth certificate‚ he is unable to get his grandmother’s details. Hesitating‚ he is then off to the (concentration camp) holocaust.

He tries to find Robert‚ running about Paris in an attempt to prove that he isn’t a Jew. Finally‚ he locates the man called Robert Klein. In the congestion of people boarding a concentration camp bound train‚ he shakes off a friend who calls “I’ve got your birth papers!”. In pursuit of Klein‚ he pushes his way through people and boards the train. Behind him‚ the doors close and his is off to the concentration camp. Losey abandons Klein’s tragedy.

If the director was Martin Scorsese‚ he would have produced something with more bitterness. If David Lynch‚ then a mystery of richly coloured darkness‚ if Clint Eastwood‚ then he probably would have made one small skylight. The ending is like being dragged to hell. This‚ is Losey.

Pocket
LINEで送る