女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年12月14日

プロフェッショナル(1966年)【アクション映画】 The Professionals (1966)

Pocket
LINEで送る

監督 リチャード・ブロックス/Director: Richard Brooks
出演 本文に含む/Starring: (included in text)

素朴な自信を映画は持っていた

 プロッフェショナルという言葉が、メディアで露出するようになったのは、この映画のあとだったと思う。それまでは単に「プロの仕事」とか「プロらしい」とか、「プロ」だけで用いられることが多かった。本作は面白かったしヒットもした。公開された1966年とは昭和41年。娯楽の王座に映画はあって、スクリーンで展開されるすべての要素、つまり俳優はもちろん、風景の映像や考証されつくした衣装や、粋な台詞や、ものを食べ、酒を飲む挙措などに、今とは比べ物にならない、信仰に近いエンタのスピリッツを、人は映画から吸収していた
▼主人公の4人のプロフェッショナルとは、射撃の名人ファーダン(リー・マーヴィン)、馬を扱う専門家エーレンガード(ロバート・ライアン)、追跡と刈りの名人かつナイフと弓矢の名手ジェイク(ウディス・ストロード)、ダイナマイトの専門家ドルワース(バート・ランカスター)。テキサスの油田の持ち主グランドの妻マリア(クラウディア・カルディナーレ)が、メキシコ革命軍に誘拐された。4人は彼女を取り返すために雇われる
▼敵の本拠地に潜入した4人は、それぞれの特技を駆使してマリアを救出するが、マリアが革命軍の首領ラザ(ジャック・パランス)の妻であると知って驚く。拉致したのはグランドのほうだったのだ。大乱闘の渦中、彼らの特技が火を吹き、危機を脱出し、追撃を断ち、男気を示し、観客を痛快に酔わせる
▼いつも女とベッドにいるときに襲われ、シャツとパッチ姿で逃げ出すバート・ランカスターは53歳。監督のリチャード・ブロックスは54歳。ともに脂の乗り切った不敵な時代であった。ブロックスは、ダイアン・キートンが体当たりの演技でみせた「ミスター・グッドバーを探して」、満たされない夫婦生活に悩む若妻を、リズが演じた「熱いトタン屋根の猫」、トルーマン・カポーティがノンフィクション・ノベルと名づけた「冷血」やドストエフスキーの「カラマゾフの兄弟」など、文芸作品で高い評価を得た監督でもある。「エルマー・ガントリー」では、自らにオスカー脚本賞と、主演のバート・ランカスターに主演男優賞をもたらした
▼ヌーベル・ヴァーグも含め、1960年代の映画が面白いのは、映画は期待を裏切らないという、素朴な観客の憧れに応える、素朴な自信が映画にあったからではないかという気がする。

A film that carried a simple confidence

I think that the word “professional” was revealed by the media after this film. Until then it was simply‚ “job of a pro”and “like a pro”. Use of the word “pro” by itself was common. This film was interesting and did well. It was released in 1966; Showa year 41. It was a film on the throne of amusement. Every element that went through developments on the screen; in other words‚ the actors‚ background images and researched costumes‚ a delicate script‚ the behaviour of eating and drinking alcohol. Now‚ it cannot be compared. From this film people absorbed a spirit of entertainment closely resembling religion.

The central characters are four professionals: sharpshooter Fardan (Lee Marvin)‚ horse wrangler Ehrengard (Robert Ryan)‚ tracker/hunter and bow and arrow expert Jake (Woody Strode)‚ explosives expert Dolworth (Lancaster). Maria (Claudia Cardinale)‚ wife of oil field owner Grant (Ralph Bellamy)‚ is kidnapped by Mexican revolutionaries. The four men are employed to get her back.

Having infiltrated the enemy base‚ the four men rescue Maria using their respective skills but are shocked to know that Maria is actually the wife of revolutionary leader Raza (Jack Palance). The one who kidnapped Maria was Grant. In the maelstrom of the uprising‚ the men’s “professions” burst into flames‚ they escape crisis‚ evade pursuit‚ show manliness‚ and thrill the audience.

Burt Lancaster‚ always attacked when in bed with a woman and escaping with his shirt and patch‚ was 53 years old. Director Richard Brooks was 54 years old. It was an invincible period when they were in their prime. Brooks is a highly-esteemed director from his artistic works: the body blowing performace of Diane Keaton in Looking for Mr. Goodbar‚ Elizabeth Taylor playing a housewife troubled about her unfulfilled married life in Cat on a Hot Tin Roof‚ Truman Capote’s nonfiction novel In Cold Blood‚ The Brothers Karamazov. Elmer Gantry brought him the Oscar for Best Screenplay and Burt Lancaster’s Best Leading Actor.

Including Nouvelle Vague‚ the interesting thing about films in the 1960s is that they don’t fail to meet your expectations‚ answering the yearnings of a simple audience. I think this is because there is a simple confidence in these films.

Pocket
LINEで送る