女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年12月18日

インビジブル(2000年)【空想科学映画】 Hollow Man (2000) (a science fiction film)

Pocket
LINEで送る

監督 ポール・バーホーヘン/Director: Paul Verhoeven
出演 ケヴィン・ベーコン、エリザベス・シュー/Starring: Kevin Bacon‚ Elisabeth Shue

映画の楽しさ 堪能させる監督

 映画には、言葉が100万言を費やしてもかなわない映像の力がある。視覚の納得力は、まさに百聞は一見にしかず「うわー。うわー」としかいえない感激がこの映画にあった。生物透明化とその復元プロジェクトチームが、ゴリラの透明化を試みるシーンだ。バーホーヘン監督はCGの構成でみごと、100万言にも匹敵する場面を撮る。皮膚、静脈、動脈、筋肉、骨格が、あれよ、あれよ、という間にみえなくなっていく。そして再びゴリラの姿に還元される。目の前で展開されるバーホーヘンの、魔術のような映像を、観客は息を呑んで見守る
▼透明化は動物実験では成功したが、人間ではどうだろう。ここに一人、名誉と野心に燃える天才的科学者・セバスチャン(ケビン・ベーコン)がいて、自分の体を用いて実験しようと言い出す。もちろんまだ危険を伴う人体実験は許可されるはずがないから、国には報告せずにやろうというのだ。チームの反対を押し切ってセバスチャンは実験台にあがり、順調に透明になったが復元に失敗する。彼は元に戻れなくなった
▼ここで彼の本性というか、それとも実験の過程で邪悪な人格に変わってしまったのか、セバスチャンの心の底にある暗黒面が表面化する。見えないことを悪用し、侵入やレイプの犯罪行為に至る。それになんだか異常なほど腕力や筋力が強くなり、人間離れした凶暴性が出現してくる。科学者の良心もヘチマも消えてしまった。手に負えなくなったセバスチャンに、チームは経過報告をして事態収拾の指示をえようとするが「そうはさせじ」セバスチャンは、チームメイトを殺害していく。完全に頭脳まで狂ってしまったのだ。生き残ったリンダ(エリザベス・シュー)は見えない敵にどう対抗するのか
▼バーホーヘン監督はオランダのアムステルダム出身。オランダ最古の大学、ライデン大学で物理と数学を学んだ理系の監督である。ドキュメンタリー映画で注目され、1985年47歳のときハリウッドに渡った。英語は得意でなかったがアメリカに溶け込むため、インタビューを英語でこなすまでに上達した。「ロボコップ」「トータル・リコール」「氷の微笑」「ショーガール」と線の太い映画でヒットを連発する
▼シャロン・ストーンは「氷の微笑」の、足を組む大胆なシーンで話題をさらい、以後オファがあいつぐようになった。ラズベリー賞もなんのその。映画の楽しさを堪能させてくれる監督だと思う。

The fun of movies  A director that gives us enjoyment

Movies have a visual power that cannot be captured in a million words. The realistic visuals are exactly like “a picture is worth a thousand words”; this movie deeply impresses us with nothing but the words “Woah! Woah!” A project team that are working on making animals invisible and then reversing the effects attempt to make a gorilla invisible. The computer graphics composed by director Verhoeven are brilliant and he films scenes that rival a million words. Before you know it‚ skin‚ veins‚ arteries‚ muscles and bones begin to disappear. Then‚ the gorilla returns to its former self. Verhoeven’s magical images that develop before the audience’s eyes are breathtakingly watched.

Invisibilisation experiements on animals are successful‚ but what about humans? Here‚ one man who burns with honour and ambition‚ the scientific genius Sebastian (Kevin Bacon) declares that he will become a guinea pig for the experiment. Naturally‚ because human experiments that accompany danger are not authorised‚ he says that he won’t report it to the government. Against his team’s opposition‚ Sebastian climbs onto the experiment table. Although he does well becoming invisible‚ he cannot return to his original state.

Then what happens‚ whether he changed into his true character or a wicked personality as a process of the experiment‚ the dark side of Sebastian’s heart begins to surface. Abusing his invisibility‚ he breaks into a neighbour’s house and rapes her. Moreover‚ his muscles and physical strength have become abnormally strong‚ and a superhuman ferociousness appears. The conscience of the scientest has gone. With Sebastian out of control‚ the team try to do a progress report and gain orders on how to control the situation but Sebastian says “I won’t let you” and begins to murder them. His madness has completely taken control of him. How is sole surviver Linda (Elisabeth Shue) going to resist an invisible enemy?

Director Verhoeven was born in Amsterdam‚ Netherlands. He is a science-based director who learned physics and mathematics at the University of Leiden‚ the Netherlands’ oldest university. He gained attention for his documentary films and made it into Hollywood in 1985 at 47 years of age. He wasn’t good at English but he immersed himself in American life and improved enough to give interviews in English. He was successful with strong hit films like Robocop‚ Total Recall‚ Basic Instinct and Showgirls.

Sharon Stone’s daring‚ leg-crossing scene was controversial and from then on he continued to receive offers. What’s the whole Razzie award about? I think he is a director that makes us enjoy fun movies.

Pocket
LINEで送る