女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年12月21日

シャッターアイランド(2010年)【サスペンス映画】 Shutter Island (2010) (suspense film)

Pocket
LINEで送る

監督 マーティン・スコセッシ/Director:Martin Scorsese
出演 レオナルド・レカプリオ、ベン・キングスレー/Starring: Leonardo DiCaprio‚ Ben Kingsley

冴えるスコセッシ 重厚なサスペンス

 二度見キャンペーンまであった映画だ。一度みてもわからないだろうから、二度みてくれという意味か。まさか二度見た人はいないと思うが、それほど凝っているのだ。なにはともあれ、マーティン・スコセッシ監督とディカプリオの4作目。シャッターアイランドとは、精神疾患のある犯罪者を隔離する孤島の刑務所。そこで一人の女性が謎のメッセージを残して消えた。連邦保安官テディ・ダニエルズ(L・ディカプリオ)が調査にくるが、彼にはもうひとつ他の目的があった
▼こういう、身を乗り出さずにはおれないビギニングなのだ。荒れた海の船上から望むシャッターアイランドは、みるからに悪霊の島みたい。さすがスコセッシ監督の腕は冴えて、出だしからぐいぐい、観客を自分のペースに引きずりこんでいく。調査が進めば進むほどディカプリオの前には壁が生じる。病院の医師も囚人もどこかおかしい。組織ぐるみの犯罪が刑務所を含めた島の中で行われている。脇役の医師が、ベン・キングスレーやマックス・フォン・シドーという贅沢な顔ぶれであることも、スコセッシの威光だろうか。彼らは疑り深い、暗い目でディカプリオの挙動を監視する
▼ディカプリオの背景に妻と子供の問題があるらしい、と回顧シーンで見当がついてくる。一方行方不明の女性がついに岩窟で発見され、証拠を握る囚人を問い詰め、病院の中にロボトミーをしているという、隔絶された秘密の部屋にディカプリオが踏み込む…
▼スコセッシ作品に共通する手法を言えば、主人公は精神的にダメージを受けているが、社会で自己実現したいと願望し、努力する。ストーリーは全体の中盤以後本格的に展開する。風景・人物・セットのリアルな重々しさ。本作もこれらの作風が堪能できるだろう。孤絶した島、刑務所という舞台に精神疾患の犯罪者であるから、物語に明るさと笑いを期待するほうが筋違いであろう。やっぱりこの二人(スコセッシとレオ様)のやりそうなことだわ、と思いつつ、なんだか最後までゆううつなのよ。でもねー。スコセッシのディテールへのこだわりというか「神は細部に宿る」という、リアリズムの原則を愛すること並外れていると、改めて感心しました。一言でいえば重厚であり、手抜きもなし。嬉々としてつくったにちがいない映画愛があふれている。

Bright Scrosese’s heavy suspense

This movie had a double viewing campaign. I guess it meant that because you probably won’t understand it the first time‚ you should watch it again. I don’t think that anyone would have done that but it was that elaborate. In any case‚ this is the fourth film with Martin Scorsese and DiCaprio. Shutter Island is an island with a prison that quarantines mental patients. On the island‚ a woman left a mysterious message and vanished. U.S. Marshal Teddy Daniels (Leonardo DiCaprio) comes to investigate‚ but he also has another reason.

This kind of suspense stirring beginning: From the view on deck from a boat in rough seas‚ it looks like a haunted island. This is director Scorsese’s clever skill; from the opening he tightly pulls the audience into his pace of things. The further DiCaprio investigates‚ the more that obstacles pop up before him. Something is strange about the patients and doctors at the hospital. Systematic crimes are taking place at the prison within the island. Perhaps the great supporting actors that play the doctors (Ben Kingsley‚ Max von Sydow) are because of Scorsese’s prestige. They monitor DiCaprio with deeply suspicious and dark eyes.

In a flashback we get an idea that in DiCaprio’s background is an apparent problem involving his wife and children. Meanwhile‚ the missing woman is found in a cave on the island. DiCaprio grills patients withholding evidence and steps into the secret isolated room where labotomies are taking place at the hospital.

I’ll mention some of the techniques that prevail in Scorsese’s works. The protagonist receives mental damage‚ has a desire to want to achieve self-actualisation in society and works hard to do so. The story fully develops from after the middle of the film. The seriousness of the realism of the backgrounds‚ characters and sets. This film can be said to satisfy these elements. Because the setting is a prison on an isolated island with mentally insane criminals‚ it would be absurd to expect lightheartedness and laughs in the story. While I thought that this is something that Scorsese and Leo would be into‚ up until the end it is somewhat depressing. However‚ I was interested by Scorcese’s obsession for detail‚ that is‚ “God is in the details”; his love for the principles of realism. In a word‚ it is heavy and there is no cutting corners. He is overflowing with love for films‚ and must have made this one with joy.

Pocket
LINEで送る