女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

エンタメ

2011年12月22日

ゆりかごを揺らす手(1992年)【サスペンス映画】 The Hand That Rocks the Cradle (1992) (suspense film)

Pocket
LINEで送る

監督 カーティス・ハンソン/Director: Curtis Hanson
出演 レベッカ・デモーネイ、アナベラ・シオラ、ジュリアン・ムーア/Starring: Rebecca De Mornay‚ Annabella Sciorra‚ Julianne Moore

デモーネイに脱帽

 ヒッチコックも拍手するであろう、カーティス・ハンソン監督の傑作だ。この監督のいつもの助走ながら、映画は閑静な高級住宅街の、一軒のセンスのいい住まいにキャメラが近づいていくところから静かに始まる。産婦人科医の夫が妊婦に猥褻行為をしていたことがばれ、告発された、ショックで妻は流産、保険金も払われず、新築まもない豪邸からは立ち退き。ある日妻はテレビでみた若妻が、夫を自殺に追いやった本人であると知る。ここから妻ペイトンを演じるレベッカ・デモーネイの、逆恨み大復讐劇の幕があがるのです
▼幸せを絵に描いた家庭でクレア(アナベラ・シオラ)は夫と娘と生まれたばかりの赤ん坊と暮らす。夫のもとガールフレンド、今は不動産で成功したビジネスウーマン、マリーン(ジュリアン・ムーア)はクレアの信頼できる友人だ。ある日、クレアが乳母を求めていると聞いた、という女が訪ねてくる。デモーネイの登場だ「さあ姉御たのんだぜ」とばかり監督はギアを入れ変える。「まかしなって」このあたりから本作は、デモーネイの不気味な変調をあらわにしていく。見事である
▼といってデモーネイが悪女丸出しかというと、そこがさあ、子供を亡くした母親の哀れさ、隠れて自分の母乳を与える(これも作戦のうちなのだが)。このシーンが二回ほどでてくるが、ハンソン監督はいずれも、一人ひそかに乳をのませるデモーネイに、母なる性への執着と、報われなかった我が子への追慕を、蒼い夜のしじまというセッティングに語らせる。デモーネイはしかし静かにばかりはしていない。着々と味方をこしらえクレアを孤立させる。その手際たるや、うーむ、悪女もアホではできん、ということでしょうか
▼やられっぱなしだったクレアに強い味方が現れた。始めから親切すぎるデモーネイに「なにか魂胆がある」不審を覚えていた、頼もしい友人マリーンがついに真相を読み解いたのだ。ところがさすがのジュリアン・ムーアも返り討ち。監督は迷わずギアをトップに入れる。映画は迫真のクライマックスへ疾走だ
▼本作が一級のサスペンスであることをお伝えしたいと思う。もちろんハンソン監督はサスペンスだけじゃない「8マイルズ」「ワンダーボーイズ」「イン・ハー・シューズ」など心にしみる秀作がありました。でも今回は極めつけサスペンス、それもデモーネイに脱帽。

Hats off to De Mornay

This film is a masterpiece of Curtis Hanson that even Hitchcock would applaud. As is always the case with this director’s approach‚ the film starts silently with the camera approaching a fashionable house in a quiet‚ wealthy neighbourhood. A gynaecologist’s indecent assaults are revealed and he is brought up on the charges. His wife miscarries from shock‚ and unable to pay insurance‚ she vacates her newly built mansion. One day‚ the wife sees the young housewife on TV who drove her husband to commit suicide. From here on is where the great revenge of wife Peyton‚ played by Rebecca de Mornay‚ begins.

In a picture perfect family‚ Claire (Annabella Sciorra) is living with her husband‚ daughter‚ and their newly born baby. Her husband’s ex-girlfrend and now successful real estate businesswoman Marlene (Julianne Moore) ‚a dependable friend of Claire’s. One day‚ a woman visits who has heard about Claire seeking a nanny. Enter De Mornay. The director changes gears here as if saying “You go‚ girl”. From around this point in the film the eerie abnormality of De Mornay appears. It is brilliant.

De Mornay is a complete witch. That is‚ well‚ the sadness of a mother who lost her child and secretly breastfeeds Claire’s baby son (another of her schemes). This scene occurs twice‚ and in each one director Hanson has De Mornay secretly breastfeeding. The still‚ blue nighttime setting which speaks of the tenacity of a mother and her unrequited yearning for her child. De Mornay‚ however‚ cannot keep quiet. Steadily she gains favour and isolates Claire. Her cleverness is something that neither an evil woman nor an idiot could achieve.

A strong supporter appears to help Claire. Having thought De Mornay’s overly nice behaviour as suspicious (having an ulterior motive) is dependable friend Marlene‚ who finally unravels the truth. However‚ Julianne Moore is also beaten. Without hesitating‚ the director shifts into top gear. The movie speeds to a true to life climax.

I want to convey that this film is top class suspense. Director Hanson of course also has great non-suspense‚ heartful films: 8 Mile‚ Wonder Boys‚ In Her Shoes. But this time was the ultimate suspense‚ and it is hats off to De Mornay.

Pocket
LINEで送る