女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

スポーツ

2011年11月26日

2回目の『大阪サイクルイベント』は沿岸地域を満喫!

Pocket
LINEで送る

大阪サイクルイベント

咲洲・夢洲・舞洲、走って気持ちいい大阪を体感しよう!

 エコな交通手段として注目を集める自転車。その自転車で大阪の街を体感しようというイベントが来年の3月18日(日)に開催される。その参加者を12月16日(金)まで募集中だ。イベントの内容とコースの見どころを大阪府府民文化部都市魅力創造局の生涯スポーツ振興課・田邉寛治課長と都市魅力課・山本守道主査に聞いた。
 「前回は『OSAKAゆめランド』と銘打ち、開通直前の第二京阪高速道路を走りました。その際、参加者や府民の皆さんから『またやってほしい』『今度は湾岸地域を走ってみたい』といった声を頂きましたので、今回は『OSAKACYCLE TOUR』としてスポーツ自転車部門では咲洲・夢洲・舞洲を、一般自転車部門では咲洲を走ります」(田邉さん)。また今回は、前回の応募者数を踏まえスポーツ自転車部門で5000人、一般自転車部門で500人の参加者を募集している。「前回、計2500人の募集に対し10000人以上の応募がありましたので、今回は大幅に募集人数を増やしました」。参加者も府内や近県はもとより、全国からやってくる一大イベントだ。

 「コースの見どころは、何といっても普段走れない夢咲トンネル。海底トンネルを走るサイクルイベントは、恐らく他にないんじゃないでしょうか」(山本さん)。また、コンテナふ頭はあるものの無人島である夢洲、トライアスロンの自転車コースになっている夢舞大橋も、当日は思い切り走ることができる。「当日は交通規制をかけ、この日しか走れない場所を堪能して頂けます。また、海の向こうに見える神戸を楽しめる舞洲緑道など、海沿いの道を走れますから、気持ちいいですよ!」(田邉さん)。「スポーツ自転車部門でも『レース』ではなく景色を楽しみながら走って頂きたいですね。それに、ファミリーなら一般自転車部門で咲洲のシーサイドコスモや停泊中のフェリー、コンテナふ頭などを見ながら走って頂けます。スポーツ自転車部門はご自身の自転車で参加して頂きますが、一般自転車部門ではレンタサイクルも用意してあります。数に限りはありますが、そちらもご利用ください」(山本さん)。

 また、人気お笑いトリオ『GAG少年楽団』(写真)やアイドルグループ『Candy Girls』などがブログで同イベントを応援、当日会場に登場予定だ。「当日、自転車に関するイベントはもちろん、自転車に乗らない方も楽しめるイベントをインテックス大阪で開催予定です。コースを走らない方でも、ご家族やお友達みんなで楽しんでいただけます」(山本さん)。
 大阪の湾岸エリアを、自転車の楽しさを満喫できる。走る人も走らない人も、このイベントは外せない。


※ 詳しい応募内容や当日のイベント情報などは、当サイトの『催しガイド』にて随時紹介していきます。
   

Pocket
LINEで送る