女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年11月27日

大阪産(おおさかもん)を食べよう!

Pocket
LINEで送る

大阪府環境農林水産部農政室推進課

地産地消で大阪の特産物を盛り上げる

 実りの秋、食欲の秋。今年もおいしい季節真っ盛りだ。大阪府内の農産物や水産物なども旬を迎えるものが多い。
 その大阪の農・水・林産物や畜産物を周知して盛り上げようと、大阪府が農協や漁協など生産者とともに平成18年から行っているのが『大阪産』だ。府内産の農林水産物や、それらを原材料にして作られた加工食品にはロゴマーク(写真)が付けられており、生産者や食品加工業者だけではなく小売店や料理店でも販売コーナーやメニューで使用できる。スーパーやコンビニでこのマークを目にした方も少なくないだろう。

 大阪府環境農林水産部農政室推進課の岡崎宏樹主査によると「当初は大阪のうまいもんを知ってもらい食べ歩きしてもらうことで、大阪の農林水産業を盛り上げようというコンセプトでした。その後、平成20年頃から、まずは大阪の生産物を前面に押し出して周知していこう、という方向に転換しました。現在、ロゴマークの使用申請件数はのべ530件にのぼります」。

 では、その中でも今が旬の食材は?「旬を迎えているのは泉だこや、お鍋に欠かせない今が最盛期のしゅんぎくなどですね。また、これから冬にかけてですと泉州キャベツや大阪みかん、なにわの伝統野菜である天王寺蕪と田辺大根が旬を迎えます。これら旬の野菜は、農産物直売所や農協などが主催する農業祭、道の駅のイベントなどで販売・紹介されていますので、ぜひいらしてください」。

 食べることで地元の生産者を応援することになり、エコでもある地産地消。新鮮で味も満足。うまいもん『大阪産』。ぜひご賞味あれ。

Pocket
LINEで送る