女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年11月28日

KAIの異文化交流日記 Vol.14

Pocket
LINEで送る

Free newspapers

In Western Australia there are two major newspapers: The West Australian and The Sunday Times. Unlike the case of Womanlife‚ these newspapers do not include free fold-in newspapers from other companies. Usually they have a special feature fold-in for an event‚ TV program guide‚ calendars‚ coupons‚ and other freebies.

Free newspapers are called “community newspapers”because they feature information on the area they are distributed in. The quality of these newspapers is lower than in Japan‚ but I think the reasoning for this is because of limited budgets and low print runs. Colours are often avoided to cut costs.

Besides advertising‚ there are many different sections. These may include classifieds‚ letters to the editor‚ book and movie reviews‚ interviews and community news.

Every week at Womanlife we receive much correspondence from readers. I believe that in both Japan and Australia‚ community newspapers are the perfect place for people to exchange information.

「無料情報誌」

西オーストラリア州に大手新聞が二紙ある。「ウェスト・オーストラリアン」と「サンディタイムズ」だ。ウーマンライフの場合とは違って、他の会社の新聞に折り込まれる、という形ではない。その地域のイベントとか、テレビ番組とか、カレンダーやクーポン、他の無料の案内物をのせている。

無料情報紙は配布されるエリアの情報に特化した新聞なので、《コミュニティ ニューズペーパー》と呼ばれる。質は日本のより低いが、それは予算が限られ、発行部数も少なく、カラー印刷はできるだけしない、からだと思う。

ほかには、広告以外にたくさんのコーナーがある。伝言板のようなもの、編集者へのたより、書籍欄や映画紹介、インタビュー、そして地元ニュース。

ウーマンライフでは、毎週たくさんの読者からのレスポンス(返り)を受け取る。日本とオーストラリア、どちらにおいても、地元情報誌は人々の情報交換という点でなくてはならないものになっていると僕は思っている。

Pocket
LINEで送る