女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年11月26日

「奈良のシカ」保護ポスターコンクール入賞作品展示

Pocket
LINEで送る

奈良県立図書情報館 11月27日まで
財団法人 奈良の鹿愛護会

「ならの鹿が困っています!」ポスターをみて考えよう

11月は「奈良の鹿愛護月間」です。財団法人奈良の鹿愛護会(奈良市春日野町)は保護・啓発活動の一環として、全国の小学生を対象に「奈良のシカ」の保護啓発ポスターコンクールを実施、応募総数370点の中から選ばれた入選作品が奈良県立図書情報館(奈良市大安寺西)で展示されています。

 奈良の鹿は1300年にも渡り奈良公園一帯で人と共生しながら生息してきました。昭和32年には「奈良のシカ」という名称で国の天然記念物に指定され、文化財として大切に保護されています。現在奈良公園にはおよそ1200頭のシカが生息していますが、その生息環境は日々悪化し、年間死亡数は約300頭にも及ぶといいます。その原因の大半は交通事故や、来訪者が捨てるビニール等のゴミが胃腸にたまって栄養不良で死亡するなど、人間の心ない行為が関わっているのです。
 最優秀作品には小学1年生の谷野萌奈美さんの、鹿と人が仲良く集う明るい色の作品が選ばれました。合わせて奈良の鹿の生態や現状を認識してもらうためのパネルも展示され、人と野生動物との共生・共存のあり方や自然環境の保護を呼びかけています。
 奈良県立図書情報館での会期は11月27日まで。11月29日(火)~12月16日(金)まで、奈良市美術館(イトーヨーカドー奈良店5階)にて展示されます。

【会期・場所】
11月27日まで
奈良県立図書情報館 2Fエントランスホールにて展示
(9:00~21:00)

11月29日(火)~12月16日(金)まで 
奈良市美術館 ウインドーギャラリー (イトーヨーカドー奈良店5階)にて展示
(9:00~21:00)

Pocket
LINEで送る