女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2011年11月30日

健康と環境に配慮したクリーニングで店舗を拡大

Pocket
LINEで送る

山内勝巳さん
クリーニング&コインランドリー 有限会社やまうち 専務

「最新」の技術と「細心」の心配りで“尊敬”する主婦から厚い信頼

 1986年(昭和61年)に三重県名張市で開業して以来、地域とともに着実に発展を遂げてきたのが、クリーニングとコインランドリー事業を営む「有限会社やまうち」だ。現在、名張・伊賀両市で直営10店舗・取次店4店舗を展開する同社で、山内勝巳専務は自社工場でのクリーニング作業からパート・従業員の指導と管理、チラシのデザイン、販促グッズの企画・手配まで幅広い業務をこなす。
 高校を卒業後、一般企業を経て父親が創業した「有限会社やまうち」に入社した山内さんの仕事は、集配などクリーニングの基本を覚えることから始まった。
 毎日の業務をこなす一方でクリーニングの専門校に通い、資格を取得。衣替えをしない家庭の増加など生活様式の変化や洋服のカジュアル化、洗濯機の多機能・高性能化など、さまざまな時代の流れの中で「常に勉強」(山内さん)と、積極的に知識の吸収と技術の向上に努めてきた。
 クリーニング本来の業務に加え、界面活性剤を一切含まない洗剤を使用するなど環境問題にもいち早く取り組んだ。消臭・防カビ効果のあるEM菌(善玉菌)を配合した洗剤は、環境と健康に関心の高い主婦から厚い信頼を得、会員登録した顧客にはエコバッグを手渡すなど息の長い取り組みを続けている。
 「日本で導入しているのは、当社の工場だけ」というクリーニングの個別自動選別機など技術革新にもどん欲だが、山内さんが「とてもかなわない」(笑)と白旗を上げるのが、主婦だ。「昼間きちんと仕事をして、家に帰れば家事・育児をこなす。本当に心から尊敬しているんですよ」
 そんな山内さんの気持ちが伝わるのか、女性パートが9割を占める職場は、活気に満ちた中にもアットホームな雰囲気が漂っている。尊敬する主婦とともに、清潔に健康に。「最新」の技術と「細心」の心配りを常に心掛ける山内さんの周りには、今日も笑顔が絶えない。

Pocket
LINEで送る