女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2011年12月7日

「タッキー816みのおエフエム」パーソナリティ やぶたあきこさん

Pocket
LINEで送る

朝から元気になり、箕面を好きになってほしい。フットワーク軽く、いろんなことに挑戦したい

 「タッキー816みのおエフエム」の朝番組『モーニングタッキー』。その水~木曜日のパーソナリティを務めるやぶたあきこさんは、元々イベントのMC(司会)などをしていた。「(同局が)開局して1年くらい経った頃、少しだけお手伝いさせて頂いたこともありました」。しかし、結婚して出産したため、MCの仕事を約8年間休止。「子どもが小学校に上がって手が離れて、また仕事に復帰しようかなと思っていました」。ちょうどその頃、箕面市に移住。できれば同局で仕事をしたいと考えていたが、その思いは意外な縁から現実となる。
 「子どもが通う小学校に読み聞かせのボランティアサークルがあり、今も参加しているのですが、その担当だった先生の御主人が『みのおエフエム』に勤めてらっしゃって、それがご縁で昨年の秋から夕方の番組を担当することになりました」。
それから半年後の今年4月、みのおエフエムの朝の声を担当することに。「イベントのMCはやっていますが、ラジオのパーソナリティは初体験。(1年経った)今でも勉強の毎日です」。かける曲は自身でセレクト、かけるのも自ら行っている。「(すべて自分でやるので)大変は大変ですが、ある程度、好きなようにやらせて頂けているので、楽しいですね」。
リスナーにとり、朝は忙しい時間帯。『今日も元気に頑張ろう』と感じてもらえるような放送を心がけている。「『やぶたさんの声だから今日は水曜日だ』と思って頂けたら嬉しいですね」。箕面の情報を多く伝えている同番組。情報を知ることで、地元をもっと好きになってほしいとも考えている。
 「いつもでもフットワーク軽く、いろんなことに挑戦したいです。今は英会話をもう一度習おうかと思っています。お隣さんがアメリカからいらした方で、なかなかコミュニケーションがとれず、もどかしいんですよ」。
笑顔で話すやぶたさん。これからも、箕面の朝に元気と地域情報を届けていく。

Pocket
LINEで送る