女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2011年12月9日

ブランド京野菜を使った母国料理で国際親善を

Pocket
LINEで送る

京都府・大阪ガス・社団法人京のふるさと産品協会主催

「留学生クッキングワールドカップ」京都府名誉友好大使らが参加

 京都府と母国の国際交流の“かけ橋”として活躍中の「京都府名誉友好大使」を中心に、府内の外国人留学生が母国料理の腕を競う「留学生クッキングワールドカップ」が開催されます。
 大会は中国・ベトナム・メキシコ・ウクライナの4チームに分かれ、ブランド京野菜・聖護院大根を使って母国料理を作ります。調理後は特別審査員長の門上武司氏をはじめ、仲田雅博氏や府内の小学生親子らの審査員が試食し、審査を行います。
 京都府では、各国料理チームの応援サポーターを募集中。インターネット上で4チームのうちいずれかのサポーターとして登録すれば、登録数に応じて当日の審査結果に応援票が加算され、優勝チームのサポーターには抽選で賞品がプレゼントされます。

 出品される各国料理は、次の通り(一部)。◎中国/珍珠丸子(肉団子のもち米蒸し)・大根の角漬け◎ベトナム/揚げ春巻き・ベトナム風大根サラダ◎メキシコ/フィッシュタコス・セビーチェ(サラダ)◎ウクライナ/プィリジクィー(ピロシキ)・大根のボルシチ

留学生クッキングワールドカップ概要

日時/12月23日(祝・金)、14:00~16:30
会場/大阪ガス ディリパ京都
(京都市下京区五条七本松下ル西側 KRPガスビル1階)
その他/サポーターの登録は京都府ホームページhttp://www.pref.kyoto.jp/から。
募集期間は12/22(木)まで。
問い合わせ/京都府国際課
電話/075-414-4316
ファクス/075-414-4314

Pocket
LINEで送る