女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年12月11日

あべのマーケットパーク キューズモール「あべのスマイルプロジェクト」

Pocket
LINEで送る

天王寺動物園にケープハイラックスが帰ってくる!

 今年阿倍野区にオープンした巨大ショッピングモール・あべのマーケットパーク キューズモール(以下・キューズモール)では、地域の学校や施設、市民団体などと連携して地域を盛り上げようと「あべのスマイルプロジェクト」を実施している。
 その一環としてキューズモールからほど近い天王寺動物園(同市天王寺区)へケープハイラックスを寄贈することになり、そのお披露目式が12月15日(木)に開催予定だ。キューズモールの松井支配人に話を聞いた。
 「(同動物園で)飼育していたケープハイラックスが昨年亡くなったと伺いまして、それならば(同プロジェクトとして)寄贈させて頂こうと、開業期から進めて参りました。」。同動物園には『アフリカサバンナ』ゾーンと『アジアの熱帯林』ゾーンがあり、それぞれの地域の動物たちが暮らしている。その『アフリカサバンナ』ゾーンで、愛くるしい容姿で来園者からの人気もあったケープハイラックスだが、現在は飼育していたスペースも空室。来園者はもちろん、動物園側としても「あまり有名ではないが(『アフリカサバンナ』ゾーンを形成するのに)重要な動物。今までいなくて寂しかったですね」(動物園関係者)。
 そこでキューズモールがケープハイラックスを寄贈。「お客様にご協力頂き、カードポイントを積み立てて頂くことにより実現しました」(松井さん)。11月20日までそのネーミングを募集し、現在、キューズモールと同動物園で選定中。お披露目式の際に発表され、ネーミングを応募した方も招待される予定だ。

これからも地域を盛り上げたい。地域で思い出づくりをしてほしい

 「今年4月に開業してから、『あべのスマイルプロジェクト』は第5弾まで行ってきました」。第1弾では、地元の幼稚園や学生の児童・学生、それに天王寺動物園の来園者に協力を得てこいのぼりを作り店内に飾る一方、東日本大震災の被災地に持参、現地を元気づけた。「今回のケープハイラックスの寄贈は第2弾。その他にも安倍清明神社とのコラボ(第4弾)や、夏には店内で夏祭り(第5弾)を開催致しました」。
 現在は第3弾の『アベノあめ村』を継続して開催中。「大阪のおばちゃんは必ず『あめちゃん』を持っています。そのあめちゃん文化を発信していこうと始めました」。『あめちゃん詰め放題コーナー』を設置したり、地元・阿倍野区にある豊下製菓株式会社とコラボして同店オリジナルのあめを作るなど、『あめちゃん文化』を発信し続けている。「企画や運営は大阪市立大の学生さんたちに任せています」。学生たちにとっても良い経験だ。
 「今後も地元の施設や企業、団体、そしてもちろん市民の方々と連携して(地元を)盛り上げたいです。買い物だけではなくイベントにも参加して頂いて、地元で思い出づくりをして頂ければと思っています」。

Pocket
LINEで送る