女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2011年12月12日

KAIの異文化交流日記 Vol.16

Pocket
LINEで送る

Australian English

As you may know‚ I translate the “365 day Cinema”corner featured in the Womanlife web edition. This is very challenging for me but I enjoy doing it.

If you have been reading my translations‚ you may have noticed that I tend to use Australian English spellings. The reason is of course because I am Australian. Even so‚ I try to avoid using Australian expressions in my translations.

Here are some examples of Australian English spellings from American English:

1. “s”replacing“z”
~zation‚ ~ize (internationalization‚ realize)
→ ~sation‚ ~ise (internationalisation‚ realise)

2. adding “u” to words
color‚ honor‚ odor‚ etc.
→ colour‚ honour‚ odour‚ etc.

3. “er” versus “re”
center‚ theater
→ centre‚ theatre

Some people think that Australian English and British English is the same. However‚ there are differences (particularly in vocabulary). Sometimes‚ Australian English a a mixture of British and American English. For example

“rubbish truck”

Rubbish is British English (garbage in America)
Truck is American English (lorry in Britain)

Do you know any Australian English words?

「オーストラリア英語」

ご存じのように、僕はウーマンライフ・ウェブ版の映画評「シネマ365日」を英文に翻訳している。難しいが、チャレンジする値打ちがあり、楽しくもある。

僕の英文を読んでいる人なら、僕がオーストラリア英語を使う傾向があることに気づいたかもしれない。理由?もちろん僕がオーストラリア人だからね。もっとも僕の翻訳で、オーストラリア英語の表現は、なるべく避けるようにはしているのだけど。

アメリカ英語からオーストラリア英語になっているスペルを例に挙げると:

1. 「z」の代わりに「s」
~zation‚ ~ize (internationalization‚ realize)
→ ~sation‚ ~ise (internationalisation‚ realise)

2. adding “u” to words(言葉に「u」を加える)
color‚ honor‚ odor‚ etc.
→ colour‚ honour‚ odour‚ etc.

3. “er” 対“re”
center‚ theater
→ centre‚ theatre

オーストラリア英語とイギリス英語は同じだと考える人もいるが、違いはある、特に語彙に違いがある。ときとしてオーストラリア英語は、イギリス英語とアメリカ英語のミックスであることもある。例えば:

「rubbish truck」(ゴミ収集車)

Rubbishはイギリス英語(アメリカ英語では「garbage」)
Truckはアメリカ英語(イギリス英語では「lorry」)

他になにかオーストラリア英単語を知っていますか?

Pocket
LINEで送る