女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

エンタメ

2011年8月1日

大将が極みの技が新鮮な食材を引き立てる

地元で愛されるお寿司屋さん

美味しいお寿司を食べたい。でも大阪市内まで出るのは面倒…、という方には「南大阪で一番」と話されるお客様もいるほどのお寿司屋さん、羽曳野にある『寿し きしもと』をお勧めいたします。
外観はコンクリート仕立てのシックなお店。立派な店構えに圧倒されそうですが、一度店内に入ってしまえば大丈夫。清潔感が溢れる楓の広いカウンターで大将の職人技が目の前で堪能でき、落ち着いて食事を楽しめる場所です。ご主人は職人肌でもくもくと仕事をこなされていますが、女将さんは非常に気さくな方で3倍は話されるので、さらに楽しく食事をいただけます。地元の人に愛されるお店『寿し きしもと』はご夫婦お二人によって支えられているという事がよくわかります。
寿司屋は時価のところが多いのですが、こちらのお店では、メニューに金額がかかれており価格も良心的。長年厳しい修業に耐えた、ダンディーな大将が新鮮な食材を極みの技で提供してくれます。シャリが美味しく、ネタも豊富で新鮮!と大満足。
日替わり寿司定食(平日のお昼限定16食)は、お寿司(8貫)と前菜・付き出し・吸い物・デザートがついて2000円というお手頃価格。混雑していることが多いので週末だけでなく、平日も昼、夜共に予約するがベター。あらかじめ予算を言っておいてのおまかせ料理も可能です。