女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

映画監督特集

2012年1月25日

クリント・イーストウッド特集 スペースカウボーイ(2000年)【ヒューマン映画】 Space Cowboys(Clint Eastwood Special Part 2)

監督 クリント・イーストウッド/Director: Clint Eastwood
出演 本文に含む/Starring: (included in text)

スクリーンに描かれた叙事詩

 今月末クリントの最新作「J・エドガー」が公開されます。伝説のFBI長官を演じるのはレオナルド・ディカプリオ。さて、そこで「J・エドガー」公開記念、クリント・イーストウッド特集です。伏魔殿も顔負けのハリウッドで50年、トップを極めかつ第一線で新作を創り続ける秘密。クリントの映画をみるたび、そうか、だからか、という新鮮な気づきが必ずあるのです。とにかく、みていきましょう。
▼クリントは1992年「許されざる者」でオスカー作品賞・監督賞をとった。映画関係者の態度がガラリ変わり、テレビあがりのB級カーボーイ役者と嘲笑していた連中が、こぞってクリントをかつぎだし、いつの間にか巨匠、昨今は名匠ですよ。笑っちゃうね。確かクリントは「許されざる」を最後の西部劇と銘打ったはずだけど、西部劇の魂は消えず。オスカーなんて取ってしまえば、だれがなんといおうと屁のカッパ、タイトルにしゃあしゃあと「カーボーイ」とつけて本作を撮った
▼配役がいい。彼らのほとんどとクリントは共演している。一人でもオファを断ればこれはつくらなかったと話している。話は1958年、アメリカ空軍のテストパイロットチーム「ダイダロス」が、米国初の宇宙パイロットになるはずだった。直前になって政府は計画を中止、変わって新設されたNASAはチンパンジーを打ち上げた。ダイダロスチームは解散した
▼今は郊外でのんびり余生を送るフランク(C・イーストウッド)をある日NASAが呼びだす。衛星軌道上で旧ソ連の通信衛星「アイコン」が故障し、修理できるのは設計者であるフランクしかいないのだ。なぜ自分の設計がソ連の通信衛星に使われているのか、フランクはチーム・ダイダロス復活を条件に引き受ける
▼宇宙物理学者ジェリー(ドナルド・サザーランド)は今や公園のジェットコースターの設計士。超音速ジェット機のパイロット、ホーク(トミー・リー・ジョーンズ)は曲乗り飛行の臨時操縦士、エンジニアのタンク(ジェームズ・ガーナー)は牧師。まず体づくりから取り組むチームの奮闘に、クリントはコメディタッチを盛り込む
▼本筋はもちろんそんなところにはないが、クリントは知り尽くした古巣「カーボーイスピリッツ」に戻ったことで気をよくしていた。充分な余裕をもって仕事を進める彼の、愉快そうな調子が終始伝わってくる
▼ホークは搭乗直前、末期ガンとわかるが任務を遂行、命と引き換えにダイダロスの地球帰還を成功させる。仇役の憎々しさ、若手の功名心からチーム内に生じた暴走、あらゆる危機を克服したぼろぼろのダイダロスの帰還。クリントの作り込みはまっすぐ観客のエモーションに訴えてくる。特にラストシーンをみてほしい。この映画がスクリーンに描かれた叙事詩であることに、だれしもがきっと思い当たるにちがいない。

An epic poem illustrated on the big screen

Clint’s latest film‚ J. Edgar‚ will be released at the end of the month. Leonardo DiCaprio plays a legendary FBI director. To mark the film’s release‚ I have compiled a Clint Eastwood special. In the fifty years of Hollywood pandemonium and embarrassment‚ there is a secret to being a top runner and continuing to produce new films on the front line. Whenever I watch Clint’s films‚ there is always something fresh to discover. Anyway‚ let’s have a look.

Clint won the Best Film and Best Director Oscars for his 1992 film Unforgiven. The attitudes of people in the film industry changed‚ and those who ridiculed him as a direct-from-television B grade cowboy carried him on their shoulders and before one knew it‚ the master is now the maestro. It makes you laugh. It was certainly the film Unforgiven that Clint marked as his final Western but his soul still remains. Once you win an Oscar‚ things are a cinch; he just threw the word “cowboy” into the title and shot the film.

The supporting cast are good. Most of them have previously co-starred with Clint. It is said that if even one of them refused their part‚ they wouldn’t have been able to make the film. The year is 1958 and the American Air Force test pilot team Daedalus were going to be the first American astronauts. The government cancelled the plan right at the last moment and the newly built NASA launched a chimpanzee instead. The Daedalus team was split up. One day‚ Frank (Clint Eastwood) who is spending his days in the suburbs‚ is called by NASA. An old Soviet communications satellite orbiting Earth‚ ICON‚ is damaged and the only one who can fix it is original designer Frank. Wondering why the Soviets were using his designs in their communications satellites‚ Frank accepts under the conditions of Daedalus’ revival.

Space physicist Jerry (Donald Sutherland) is now an amusement park roller coaster structural engineer. Supersonic stealth aircraft pilot Hawk (Tommy Lee-Jones) is now a temporary stunt pilot‚ and engineer Tank (James Garner) is a Baptist minister. Clint incorporates a comedy touch to the team’s muscle training struggle.

Of course in the story plot there is no such thing‚ but Clint is pleased to have returned to his well-known and former “cowboy spirit”. From beginning to end his pleasant form of working with a sufficient flexibility is well conveyed to us.

Before Hawk boards the space shuttle‚ he learns that he has advanced stage cancer but goes through with the mission. He trades his life‚ allowing the Daedalus to return to Earth. The hatefulness of the antagonists‚ the ambition of the younger pilots that rampaged within the team‚ overcoming all kinds of obstacles and falling apart‚ Daedalus returns to Earth. Clint’s film making answers straight to the emotions of the audience. In particular I want you to watch the final scene. This film being an epic poem illustrated on the big screen will certainly come to anybody’s mind.