女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

映画監督特集

2012年1月26日

クリント・イーストウッド特集 許されざる者(1992年)【西部劇ヒューマン映画】 Unforgiven (Clint Eastwood Special Part 2)

監督 クリント・イーストウッド/Director: Clint Eastwood
出演 クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン、ジーン・ハックマン/Starring: Clint Eastwood‚ Morgan Freeman‚ Gene Hackman

クリントの狡猾

 印象的なセリフがある。賞金稼ぎの殺し屋マニー(C・イーストウッド)が、無法者の仲間だったネッド(M・フリーマン)に「おれはもう昔のおれとはちがう」というのだ。いろんな意味がある。クリントはテレビ出身の西部劇俳優というレッテルがつきまとった。出世作「荒野の用心棒」「夕日のガンマン」以後、西部劇というジャンルで映画を撮り続け、拳銃と暴力にものをいわせて解決するヒーローを展開していた
▼昔の自分ではない、というのは「ローハイド」はもちろん、一連の西部劇に出演し作ってきた自分ではない、ということか、それとも本作にいたるざっと10年間、公私にわたる長い低迷期にいた「自分とがちがう」ということか、それとも「最後の西部劇」と銘打ったからには、新生の予感がすでにあったわけか。ともあれ「昔の自分とはちがう」という生まれ変わる意志のもとに、知り尽くしたジャンルをクリントは語りつくそうとしたのである
▼バート・レイノルズやチャールズ・ブロンソンさえ免れることのできなかった、年齢によるアクションヒーローの衰退が、例外なくクリントをも危機に追い込んでいた。1980年代の後半、主演映画は立て続け失敗した。そんなとき、1982年か83年のことだとクリントは言っているから、ざっと10年前、オプション契約をかわした脚本があった。とても気にいったがもう少し年をとったほうが、この役にはふさわしいと思って「宝物を大事にしまっておいた」そうインタビューに答えている
▼「許されざる者」はつぎのステージのために、つまり年をとってアクションができなくなったときのために、彼がしまっておいた映画だ。クリント・イーストウッドとは、なんという狡猾な男だろう。本当にいやな野郎だが物語の語り口は厳粛だった。スクリーンの映像とセリフには、惜別とノスタルジアが鮮明に刻印された
▼売春宿の娼婦がナイフを振り回す酔っ払いに顔を切り刻まれた。保安官(ジーン・ハックマン)の裁きは甘すぎる。女たちは報復のため金を出し合って賞金稼ぎをやとう。リーダーのアリスがたんかをきる。「わたしたちは商売女だけど家畜とはちがう」。こういう気の強い女、よくでてきますね、クリントの映画には
▼彼自身の本作の要約がこうだ「善人はすべてが善でなく、悪人はすべてが悪でないというのが好きだ。だれでも欠点をもち、誰でも自分のすることに対して理屈をつけたり正当化したりする」この灰色の部分に以後、クリントは深くかかわり掘り下げていく。善でも悪でもかたづけられない、何層にも折りたたまれた心のひだに、人間の現実と生きる感情を見出していく。「昔のおれとはちがう」のはクリントの告白だったのか宣言だったのか、「ミスティック・リバー」「チェンジリング」「ミリオンダラー・ベイビー」「インビクタス」しかし間違いなく、クリント最高の傑作群は「許されざる者」を境界として生み出されていった。昔とちがうことを彼は仕事で証明したのだ。

Clint’s cunning

There’s a line that leaves an impression. Munny (Clint Eastwood)‚ a bounty hunter assassin‚ says to his former outlaw partner Ned (Morgan Freeman) “I’m not the man I used to be.” This has several meanings. The rhetoric of being a TV born Western actor haunted Clint. After the two films that launched his career‚ A Fist Full of Dollars and For a Few Dollars More‚ he continued making Westerns where guns and violence were effective for the hero to solve problems and progress the story.

Not the man I used to be; does it go without saying that he was different to the man who produced and starred in a whole set of other Westerns like Rawhide? Or was he a different man from the one who was caught in a slump both privately and publically for the last ten or so years? Or since he had made his mark with the “last Western”‚ he already had a premonition of rebirth? In any case‚ under the reborn intention of”I’m not the man I used to be”‚ Clint was trying to speak of everything about a genre that he fully understood.

The degeneration through age of action heroes was something that even Burt Reynolds and Charles Bronson couldn’t avoid‚ and without exception Clint too was facing this crisis. In the late 1980s‚ the films he starred in flopped one after the other. At this time‚ from around what Clint said as 1982 or 1983‚ he signed an option contract for a script. He really took to it but he thought that it would be better to age a little first to be perfect for the role. In an interview he said‚ “I took care in keeping my treasure”.

Unforgiven was for the next stage. In other words‚ it was a film he kept for when he had aged and could no longer do action. Clint Eastwood is an extremely cunning man. He is a really unpleasant guy but his way of storytelling was serious. In his film images and script‚ a regret at parting and nostalgia is clearly engraved.

A prostitute at a brothel has her face cut up by a drunkard who swung his knife about. The punishment by the sheriff is too lenient. The other women combine their money and hire a bounty hunter for revenge. Their leader‚ Alice‚ is defiant: “We might be whores but we’re not livestock.” These strong-willed women often appear in Clint’s films.

To summarise his films would be: “I like that the good aren’t all good‚ and the bad aren’t all bad. Everyone has a weakness. Everyone tries to justify and make sense out of what they do.” From this grey area Clint digs deeper. Things are much broader than good and evil. Within the folds and many layers of the heart he discovers the reality of people and their living emotions. Was “I’m not the man I used to be” a confession or a declaration? Mystic River‚ Changeling‚ Million Dollar Baby‚ Invictus. Yet without a doubt‚ Unforgiven was created as bordering the very best of his masterpieces. He proved in his work that he was different to before.