女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

映画監督特集

2012年1月27日

クリント・イーストウッド特集 マディソン郡の橋(1995年)【恋愛映画】 The Bridges of Madison County (Clint Eastwood Special Part 2)

監督 クリント・イーストウッド/Director: Clint Eastwood
出演 クリント・イーストウッド、メリル・ストリープ/Starring: Clint Eastwood‚ Meryl Streep

感情の密室に胚胎する恋の萌芽

 数多くのクリント主演の映画で、本作はたぶんクリントがいちばんよく笑っている映画だろう。頬に深く刻まれるしわをみせて笑う、あの笑顔である。それと普通の会話ではあるが、わりとセリフが多い。苦みばしって無口だった、これまでの主人公とここがまず違う
▼クリントは本作についてこう取材に答えている「二人のアウトサイダーが出会う。旅する写真家と、満たされないものがある農家の主婦だ。二人は自分の人生がまだ終わっていないことを知る。感情がまだ自分の中に生きていたことに気づく。こういうことって、一種の魔術みたいなもので、今までの映画や文学に描かれてきたこととは全然違う」この魔術のようなものを、クリントは感情の密室をこしらえ、胚胎した恋愛の萌芽にエロティシズムを注ぎ込んでいく
▼家族の中で、疎外感をぬぐいきれないフランチェスカ(M・ストリープ)が、偶然訪れた写真家キンケイドにエロティシズムを感じるプロセスは、たとえばこういうところである。キンケイドが音もなくドアを閉める。がさつな家族にはない配慮だ。「静かな閉め方。いい人だわ」。カーラジオをつけ「さっきいいブルースをやっていましたよ」(ブルースだなんて。うちの連中の騒がしいロックと違うわ)。「手伝いましょうか」とキンケイドが台所に立って言う。て、手伝うだなんて…家ではわたしなんかそこにいるかとも言ってくれないのに。なにがいいたいか。つまり、監督は大げさなメロドラマの図式を周到に回避することで、ヒロインの感情を攪拌していくのである
▼女たらしだけがオレの能ではない、とでもいいたいかのように、この映画のクリントはかなり「いい線」をいっている。自信もあったはずだ。ストリープにオファしてウンといわせるだけのステイタスを、すでにクリントは得ていた。なかなかどうして、オスカーも悪くないものだ
▼クリント自身の言葉をつづけよう。「観客が時間の流れを尊重しないとこの映画のよさはわからない。テンポを早めてしまうと物語の骨組みしか残らない。人物が変わっていくことを楽しまねばならないのだ。観客が二人を好きになって、彼らに自分を重ね、自分の生き方を似ていると、感じてくれればいいと思った。そう感じてもらえるかどうかは、わからないけどね」だそうです。いかがでしたか。

Feelings in a closed space  Signs of love appearing

Of all the many films that Clint has starred in‚ this film is perhaps the one in which he laughs the most. Showing us deep wrinkles carved into his cheeks when he laughs; it’s that laughing face. And‚ although the dialogue is normal‚ there is actually quite a lot. That excruciatingly quiet protagonist he portrayed until now is the first difference.

Here is how Clint answered in interviews for this movie: “Two outsiders meet. A traveling photographer and an unfulfilled farmer’s wife. The pair know that their lives aren’t yet over. They realise that their emotions are still living inside them. This kind of thing is like a type of magic‚ completely different to what has been illustrated in film and literature up until now.”Taking this kind of magic‚ Clint makes an closed space of emotions‚ and begins pouring eroticism into the germinating love.

Unable to rid her feelings of alienation from her family is Francesca (Meryl Streep). I think the process of her feeling eroticism at the sudden arrival of photographer Kincaid is in the following example: Kincaid closes her door without banging it. Her family do not have this kind of consideration. “A quiet way of closing the door. He’s a good person.” Turning on the car radio he says “They had some good blues on before” (to which she thinks: “Blues? Different to that noisy rock my lot have on”). Standing in the kitchen Kincaid asks‚”Can I help with anything?” (to which she thinks: “Help? My family don’t even notice I’m here.”) So what am I trying to say? Basically‚ by carefully avoiding the schema of an over-the-top melodrama‚ the director stirs the heroine’s emotions.

It is as if he wants to say that his talent isn’t womanising. In this film Clint is on the right track. He must have been confident. He already had the status where Streep accepted his offer with just a nod of the head. As it turned out‚ he didn’t do bad at the Oscars.

Let’s continue with Clint’s own words: “If the audience doesn’t respect the flow of time‚ then they will not understand what is good about this movie. If the pace is too quick‚ nothing but the structure of the story is left. We have to appreciate characters changing. I’m happy if people like the two characters‚ project themselves on them‚ and can feel that they live in a similar way. I don’t know if that will happen though.” How was this movie for you?