女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

映画監督特集

2012年1月29日

クリント・イーストウッド特集 グラン・トリノ(2009年)【ヒューマン映画】 Gran Torino (Clint Eastwood Special Part 2)

監督 クリント・イーストウッド/Director: Clint Eastwood
出演 クリント・イーストウッド/Starring: Clint Eastwood

魂の在りか

 ラストに流れる「グラン・トリノ」を歌っているのはクリント本人よね。あのヘタウマの感じ(作曲は息子らしいけど)。
クリントが自家薬籠中のテーマだし、あちこちでたくさんの映画賞をとって、ストーリーとか見所とか、知り尽くされた映画だからあまり書くことはないのだけど、「ヒア アフター」のあとで本作をみると、クリントの死生観というのが、よく出ていたような気がするの
▼スピリッツとか魂とかの存在に、かれの映画がだんだん近づいていることがわかるのよね。「ブラッド・ワーク」は心臓移植を受けて命を再生した元刑事の映画だった。「パーフェクト・ワールド」は限りなく死に突っ走る主人公を、クリント扮する保安官は痛々しく見つめる。「マディソン郡の橋」に至ると、ヒロインは「死んだこの身は彼に捧げたい」とはっきり次の世を視野にいれている。「真夜中のサバナ」では、この世で生じるすべての出来事は曖昧であり、その曖昧さが好きなのだとクリントは自作を解説した。曖昧とはどういうことか、始まりもなく終わりもなく、線引きもなくすべてが移ろうことでしょう。これって仏教の一大定義じゃなかった?
▼さらに「トウルー・クライム」は死刑執行中に助かる受刑者の再生物語だ。「スペース・カーボーイ」はどんぴしゃり、命を捧げることで永遠の生を得る崇高さ。「ミリオンダラー・ベイビー」は死によってヒロインを救う救済。「チェンジリング」でアンジーのラストのセリフ「わたしは希望をみつけたわ」彼女は息子が死んでいないと信じることで、生きる希望を見出す
▼すべての作品が、死によって断ち切られない何か、を暗示している。それは生にしがみつくことではない。それどころか、死なんかもうどうでもいいわ、という感じに近い。投げやりになっているのではない。もうこれ以上やりようがないくらい、やることはやったという、自分にしかわからない、魂の充実感だと思うのよね。世間的な成功や失敗とほとんど関係ない。世間的な成功といえばクリントなんか、どうしようもないくらい成功しているわけでしょう。でも彼が求め続けるのは力の限り生きることで、それだけが自分を豊かにすることだ、納得させることだとわかっている。グラン・トリノの主人公はその納得を見出したわけよ。その結果死はどうでもよくなった、死に代わる何か、たとえば永世のような感覚を手に入れたのではなかった?
▼本作を撮ったときのクリントの年齢(79歳)ではそういう感覚が、むしろあるほうが自然だと思う。クリントが、グラン・トリノと鼻歌を歌っている、光に満ちた海辺のラストシーンは、主人公が願った魂の清澄な在りか感じさせて余りある。

Where the soul is

The person singing “Gran Torino”at the end of the film is Clint‚ isn’t it? It’s kind of bad but good (though his son wrote it‚ apparently). The themes in this movie are ones that Clint has complete mastery over. He has won many film awards around the world. The story‚ the highlights; it is a movie he knows too well and although there isn’t much to write‚ after I saw Here After‚ I got the feeling that Clint’s opinion on life and death comes through in this film.

We can see that his film’s are gradually approaching the existence of people’s spirits. Blood Work was about a former detective who received a heart transplant and was revived. Perfect World is about a convict running the fine line of life and death and Clint as a Texas Ranger who looks painfully at him. In The Bridges of Madison County‚ the heroine says that she will devote her dead self to him‚ thus clearly in the realm of the afterworld. In the film Midnight in the Garden of Good and Evil‚ everything that happens in this world is ambiguous; liking this ambiguity is what Clint explained in his autobiography. What is ambiguity? No beginning nor ending‚ or delineation; everything is moving. Wasn’t this the largest definition of Buddhism?

Moreover‚ True Crime is the story of an inmate on death row being saved. Space Cowboys is the nobility of giving one’s life to protect eternal life. Million Dollar Baby is the salvation of the heroine through her death. The last line of Angelina Jolie in the film Changeling: “I’ve found my hope.”By believing that her son wasn’t dead‚ she found her hope to live.

All of these works suggest something that can’t be severed by death. That isn’t what clings to life. Rather‚ it is closer to being unconcerned by death itself. It isn’t neglecting anything. It is doing more than you can possibly do; I think it is the sense of fulfillment of the soul that only one can understand. Societal accomplishments and failures are mostly unrelated. When it comes to societal accomplishments‚ Clint is successful beyond belief. What he has been seeking however‚ is living to his utmost ability. Just doing that makes one richer and satisfied. The protagonist of Gran Torino found that satisfaction. Was the resultant death changed into a death that was something good‚ like acquiring a feeling of immortality‚ for example?

Clint filmed this at seventy-nine years old and I think that this kind of feeling was naturally there. The last scene of the sunlit coast and Clint humming Gran Torino makes us feel the clear place of the soul that the central character desired.