女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

映画監督特集

2012年1月30日

クリント・イーストウッド特集 インビクタス(2009年)【ヒューマニズムと政治映画】 Invictus(Clint Eastwood Special Part 2)

監督 クリント・イーストウッド/Director: Clint Eastwood
出演 モーガン・フリーマン、マット・ディモン/Starring: Morgan Freeman‚ Matt Damon

ひとつのチーム  ひとつの国

 リーダーにはライオン型とキツネ型があり、最も望ましいのは両者を兼ね備えたタイプだとマキャヴェリは書いている。ネルソン・マンディラはいうまでもなく、ライオンとキツネを併せ持っていた。1995年、ラグビーW杯開催主催国の南アフリカ共和国で、出場チーム「スプリングボクス」の、チームカラーと名前を変える決議がなされた。同チームはアパルトヘイトの象徴で、南アの黒人の国民から毛嫌いされていた
▼議場に急行した大統領・マンデラ(M・フリーマン)はこう言う。少し長くなるが全文引用する。これがこの映画の核である「兄弟姉妹同士たちよ。わたしがここに来たのは、諸君が下した決定は情報と展望の欠除によると思えるからだ。採決の結果は知っている。全会一致だということも知っている。だがわたしはスプリングボクスを継承するべきだと信じる。チームの名前とエンブレム・チームカラーを変えてはいけない。理由を言おう。ロベン島の刑務所にいたとき、看守はヨーロッパ系白人(アフリカーナ)だった。わたしは27年間彼らを観察した
▼演説は続く「彼らの言語を学び、彼らの本や詩を読んだ。敵を熟知しなければ勝利は不可能だ。そこで私は勝利した。違うか? ここにいるみんなが勝利したのだ。もはやアフリカーナは敵ではない。我々と同じ南アフリカ人だ。彼らにとってスプリングボクスのラグビーは宝物だ。それをとりあげれば彼らの支持は得られず、我々は恐ろしい存在だと思わせる。哀れみ深さと奥ゆかしさと、寛大な心で彼らを驚かせねばならない。それらは彼らが我々に拒んだものばかりだ。だがいまは卑屈な復讐をはたすときではない」
▼そして結論「今は国家を築くときだ。使えるレンガはすべて利用せねばならぬ。たとえ緑と金色(スプリングボクスのチームカラー)のレンガであっても」知性と自信に満ちた演説である。帰りの車中で秘書にこういう「政治的打算かって? 人間的打算だよ」
▼スプリングボクス主将フランシス(M・ディモン)は「ひとつのチーム、ひとつの国」を掲げるマンデラに魅せられていく。マンデラはフランシスに一編の詩を教える。これが「インビクタス」(負けざる魂)だ。
 私をおおう漆黒の闇/どんな神であれ感謝する/わが負けざる魂に
 無残な状況においてさえ/私はひるみも叫びもしなかった/運命にうちのめされ/血を流そうと決して頭は垂れまい
 激しい怒りと涙の彼方には/恐ろしい死だけが迫る/だが長きにわたる脅しを受けてなお/私はなにひとつ恐れはしない
 門がいかに狭かろうと/いかなる罰に苦しめられようと/私はわが運命の支配者/わが魂の指揮官なのだ
 
▼死闘を制したスプリングボクスに、スタジアムの全員が国歌を歌う。生と死と血であがなわれた祖国への思いを、黒人も白人もが歌う。くそ、クリントにまたやられた、と思いながら泣いてしまった。

One team‚ one country

Within leaders are Lion types and Fox types. The most desirable is a combination of the two‚ according to Mahciavelli. It goes without saying that Nelson Mandela had both types. In 1995 in the Republic of South Africa where the International Rugby World Cup was held‚ a resolution was passed to change the colour and names of the participating Springboks team. This team was a symbol of apartheid and was despised by the black South African population.

South African president Nelson Mandela rushed to the Council and said the following (It’s a little long but I will quote it in its entirety as it forms the core of the film):

“Brothers‚ sisters‚ comrades‚ I am here because I believe you have made a decision with insufficient information and foresight. I am aware of your earlier vote. I am aware that it was unanimous. Nonetheless‚ I believe we should restore the Springboks. Restore their name‚ their emblem and their colors‚ immediately. Let me tell you why. On Robben Island‚ in Pollsmoor Prison‚ all of my jailers were Afrikaners. For 27 years‚ I studied them.”

His speech continues‚ “I learned their language‚ read their books‚ their poetry. I had to know my enemy before I could prevail against him. And we did prevail‚ did we not? All of us here … we prevailed. Our enemy is no longer the Afrikaner. They are our fellow South Africans‚ our partners in democracy. And they treasure Springbok rugby. If we take that away‚ we lose them. We prove that we are what they feared we would be. We have to be better than that.We have to surprise them with compassion‚ with restraint‚ and generosity. I know. All of the things they denied us. But this is no time to celebrate petty revenge.”

Finally‚ he concludes‚ “This is the time to build our nation using every single brick available to us; even if that brick comes wrapped in green and gold.” This is a speech charged with intelligence and confidence. On the way home in the car he says to his secretary‚ “A political calculation? No‚ it’s a human calculation.”

Springboks Captain Francis (Matt Damon) is fascinated by Mandela’s One Team‚ One Country. Mandela teaches Francis a poem; this is Invictus (by William Ernest Henley):

“Out of the night that covers me‚
Black as the pit from pole to pole‚
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody‚ but unbowed.

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade‚
And yet the menace of the years
Finds and shall find me unafraid.

It matters not how strait the gate‚
How charged with punishments the scroll‚
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.”

Everyone in the stadium sings the national anthem to the Springboks that have won the hard struggle. Black and white South Africans sing to their fatherland that they once paid the price for in life‚ death and blood. “Geez‚ Clint got me again” is what I thought when I cried.