女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2012年1月2日

新春リクエスト特集 めぐり逢う時間たち(2002年)【ヴァージニア・ウルフ 女性映画】 The Hours (2002) (Request Special)

監督 スティーブン・ダルドリー/Director: Stephen Daldry
出演 ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープ、エド・ハリス/Starring: Nicole Kidman‚ Julianne Moore‚ Meryl Streep‚ Ed Harris

見いだされたとき

 「シネマ365日」は1月31日でスタートから6カ月。半年の折り返し点を迎えます。この間いくつかのご意見、お便りをいただきました。12月冒頭の「特集ヌーヴェル・ヴァーグの女王」もそのひとつでした。そこでお寄せいただいたサディッションを「新春リクエスト特集」としてまとめました。改めて御礼申し上げます
▼さて本作です。演技力ダントツの役者を揃え、100本以上の舞台を演出したダルドリー監督の、期待を裏切らない大胆な演出です。ヴァージニア・ウルフ(N・キッドマン)の小説「ダロウェイ夫人」をモティーフに三つの物語が展開します。ひとつはヴァージニア・ウルフの死(1941年)。つぎは1951年ロサンジェルス。妊娠中のローラ(J・ムーア)は夫の誕生日を祝うケーキを、息子のリチャードとつくっている。息子は母の愛読書が「ダロウェイ夫人」であると記憶する
▼三つ目。現代のニューヨークのマンハッタン。リチャード(エド・ハリス)は詩人となり高名な賞の授賞式と祝賀パーティーが今夜。その支度にクラリッサ(M・ストリープ)は余念がない。彼女はリチャードと愛し合っていたが今は女性と暮らし、人工授精で生んだ高校生の娘がいる。リチャードはエイズで余命いくばくもない。リチャードはクラリッサを「ミセス・ダロウェイ」と呼んでいる
▼リチャードは窓から飛び降りて死ぬ。おわかりのように彼は「ダロウェイ夫人」中のセプティマスです。狂気をはらんだこの人物を登場させ、死なさないことにはウルフは気がすまなかったのでしょう「声が聞こえてくる。今度は逃れられないだろう」というレナード宛の悲痛な遺書が残っています。病と、激しさをます戦争のなかで、彼女の感性は耐え切れず死を選びますが、耐え切れなくなったのは病ではなく、そのために書けなくなった自分への告別でした
▼リチャードの自殺で呆然自失のクラリッサのところに、息子の死を知ったローラが訪ねてくる。彼女は主婦だけの生活に生きがいが見出せず、夫も息子も棄て出奔しカナダで働いていた。ウルフの独白が流れる「レナード。人生に立ち向かい、いかなるときも人生から逃げようとせず、あるがままをみつめ、最後は受け入れ、あるがままを愛し、そして立ち去る。レナード。わたしたちの間には年月が、長い年月が。限りない愛と、限りない時間が」この独白に、ウルフの「生の肯定」を聞き逃してはいけないと思います。登場人物はみな引き裂かれる自己と精神の闇に苦闘してきました。しかしその中にある「限りない愛と限りない時間」つまりウルフの、そしてわたしたちにめぐりくる「見出された時」への希求と信頼をもって、この物語は環を閉じるのです。

When we’re discovered

On January 31 it will be six months since Cinema 365 Days has begun. We’re approaching the six month turning point. During this period we have received numerous letters and opinions. The Queen of Nouvelle Vague at the start of December was one of those. This time I have compiled a New Year Request based on the correspondence we have received. Again‚ let me express my gratitude.

Okay‚ moving onto this film. With a line-up of the best actors and actresses‚ director Daldry who has directed over 100 stages doesn’t disappoint with this bold production. Three stories play out on the motif of Virginia Woolf’s (Nicole Kidman) novel Mrs Dalloway. One is Virginia Woolf’s death (1941). Next is in Los Angeles (1951). A pregnant Laura (Julianne Moore) is making a birthday cake for her husband with her son Richard. The son remembers that his mother’s favourite book is Mrs Dalloway.

The third story is set in contemporary Manhattan‚ New York. Richard (Ed Harris) has become a poet. It is the night of his award ceremony and celebratory party. Clarissa (Meryl Streep) doesn’t have time to spare in making arrangements. She loved Richard but now lives with a woman and has a high school aged-daughter who was born through artificial insemination. Richard has AIDS and not much time to live. Richard calls Clarissa‚ Mrs Dalloway.

Richard leaps to his death from a window. As you know‚ he is Septimus in Mrs Dalloway. Woolf was probably unwilling to make crazed characters appear and then have them die. “I can hear voices. I won’t get away this time.” These are the bitter words that she leaves to Leonard. Sick and under the intensity that war increases‚ she is unable to bear her feelings and so chooses death. However‚ being unable to bear this was not a sickness‚ it was a farewell to herself that she couldn’t write.

Laura‚ who has learnt of her son’s death‚ visits Clarissa who is stunned at Richard’s suicide. She is unable to find anything worthwhile in her housewife existence and‚ leaving her husband and son‚ ran away to work in Canada. We hear Woolf’s monologue: “Leonard. Face life‚ do not run away whatever the case may be. See who you are‚ accept it in the end‚ love who you are and so leave. Leonard. Many years have been between us. Many long years. Love without limit. Time without limit.” Within this monologue‚ I think that we cannot fail to hear Woolf’s “raw affirmation” . Every character has agonised with their torn self and a dark mentality. Yet there is “love without limit and time without limit.” In other words‚ possessing aspiration and reliance toward the inevitable “time when we’re discovered” of Woolf and of ourselves. This story closes the ring.