女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2012年1月6日

新春リクエスト特集 カスピアン王子の角笛-ナルニア国物語第二章-【冒険ファンタジー映画】 The Chronicles of Narnia: Prince Caspian (2009) (Request Special) (Fantasy)

監督 アンドリュー・アダムソン/Director: Andrew Adamson
出演  ベン・バーンズ、ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ウィリアム・モーズリー/Starring: Ben Narnes‚ Georgie Henley‚ Skandar Keynes‚ William Moseley

アスランに寄せる ルーシーの信頼

 ベベンシー兄妹が築いたナルニア国の黄金時代から1300年、今や戦闘民族のテルマール人が支配するようになり、先王の弟ミラースが摂政を努め、王位継承者であるカスピアン王子の暗殺を企てていた。王子は逃げ込んだ森の奥で、ミラースの配下に追い詰められ、角笛を吹く
▼角笛はロンドンで普通の学生として暮らしていたピーター(W・モーズリー)ら4兄妹に届き、彼らは地下鉄のホームから再びナルニアに戻った。廃墟と化したナルニアに驚く4人は、カスピアン王子とめぐりあい、ナルニアの再建と栄光をとりもどすため、暴君ミラースに立ち向かう。奸智にたけたミラースもさるもの、ピーターのひきいるナルニア軍を翻弄し、壊滅の危機に
▼ルーシー(J・ヘンリー)はアスランの出現を信じるが、アスランを探しにいく時間はない、とピーターらは決戦を覚悟する。しかし次兄のエドモンド(S・ケインズ)は、ルーシーが正しいと思う。結局ピーターも、ルーシーが姉のスーザンと二人で森の奥へいくことを許す。ピーターは一騎打ちでミラースを倒すが敵幹部が軍を乗っ取り、総攻撃をかける。多勢に無勢。もはやこれまで。ピーター、エドモンドは先陣を切って敵軍に斬り込む
▼そのとき、森の様子が変だ。大木が身をくねらせ根株が盛り上がり、敵をよせつけない。「ルーシーだ」ピーターが叫ぶ。アスランがルーシーとともに戻ってきたのだ。アスランの咆哮で木々は敵を打ち、川は裂け、ナルニアの大地はとどろき敵を潰走させる。カスピアン王子は王位につき、アスランの裁きによって、テルマール人は還るべき祖国に還ることになった。「僕たちも役割をはたした」4兄妹もナルニアを後にし、気がつけば再びロンドンの地下鉄の雑踏にいる…
▼ご存知「ナルニア国物語」の第二章。第一章と第三章があり第二章がないのはなぜだ、というお叱りがあったので追加しました。映画のデキは決して悪くなかったのですが、全体に夜のシーンが多く、ナルニア独特の明るいファンタジーがちょっと弱い気がしていました。見直すとやっぱりいいですけどね。それアスランによせるルーシーの信頼は、複雑な人間関係に悩む現代人への示唆を含んでいないでしょうか。心が洗われる思いがします。

The trust Aslan places upon Lucy

1‚300 years after the Pevensie siblings built the Golden Age of Narnia‚ the warrior Telmarines are now in control‚ the younger brother of the preceding king‚ Miraz (as regent) is conspiring the murder of the successor to the throne‚ Prince Caspian. The Prince flees into the forest where he is cornered by Miraz’s henchmen‚ and blows his horn.

The horn reaches Peter (William Moseley) and his siblings who are living as regular students. They return to Narnia from the platform of the London Underground station. The four are shocked to find Narnia in ruins‚ they meet Prince Caspian‚ and stand together to face the tyrant Miraz to rebuild and restore glory to Narnia. Villainous Miraz toys around with the Narnian army Peter leads‚ and they are almost destroyed.

Lucy (Georgie Henley) believes that Aslan will appear but because there is no time to search for him‚ Peter and the others prepare themselves for the decisive battle. However‚ younger brother Edmund (Skandar Keynes) thinks that Lucy is right. Eventually‚ Peter allows Lucy to travel into the forest with older sister Susan. Peter beats Miraz in personal combat but the enemy commanders take over the army and launch and all out attack. They are outnumbered. This is it for them. Peter and Edmund lead the vanguard and cut into the enemy army.

Meanwhile something is odd about the forest. Large trees twist and pull up their roots‚ and do not allow the enemy to approach. Peter yells “It’s Lucy!” Aslan has come back with Lucy. At Aslan’s roars the trees strike the enemy‚ the river bursts and the earth of Narnia pounds‚ sending the enemy flying. Prince Caspian takes his place as king‚ and under the trial of Aslan‚ the Telmarines are sent back to where they came from. “We’ve done what we came to do.” The four siblings leave Narnia and realise they are back in the congested London Underground.

As you know‚ this is the second part of the Chronicles of Narnia. There is part one and part three‚ but no part two? I added this one after being scolded. The film is not at all bad but overall there are many night scenes‚ which made it a little weaker compared to the bright fantasy typical of Narnia. When I watch it over I reaffirm how good this is. The trust Aslan places on Lucy; perhaps it is hinting to the complex personal relationships that contemporary people are troubled by. I feel that this film cleanses your heart.