女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2012年1月11日

雨の訪問者(1970年)【ミステリー・サスペンス映画】 Rider on the Rain (1970)

監督:ルネ・クレマン/Director: Rene Clement
出演:チャールズ・ブロンソン、マドレーヌ・ジョベール/Starring: Charles Bronson‚ Marlene Jobert

苦労人の顔

 ブロンソンは北欧リトアニア移民の血を引くヨーロッパ系である。炭鉱夫の父が10歳のとき死去、兄弟たちと炭鉱に入り石炭を掘った。陸軍に志願し第二次世界大戦でBー29に搭乗、東京大空襲に参加した。除隊後ロス郊外パセディナの学校で演技を学ぶ。男臭い風貌で「機関銃ケリー」の主役に抜擢されたのが37歳
▼本作は「さらば友よ」でブレイクしてからのブロンソン49歳の作品だ。風格が出ている。マルセイユに近い海辺の田舎町で、殺人事件にまきこまれる女(M・ジョベール)をめぐり、謎の男ブロンソンが事件を究明する。ファーストシーンの雨のそぼ降るバス停、赤いカバンをさげた、見知らぬ男をみかけたジョベールは、その男が自分をつけているような気がして仕方ない。灰色の海、人通りのない雨の街路。クレマンはヒロインの暗い予感をかきたてていく
▼男に襲われ暴行され、ジョベールは散弾銃で男を射殺し、死体を海に投げ込む。ブロンソンが登場する。彼の正体はなかなか明かされない。ヒロインの敵か味方かもわからない。捜査のためにジョベールをさんざん痛めつけるかと思えば、突然現れて危機を救う。ジョベールの夫がパイロットであることを利用し密輸に関わっているとか、大金を奪った男が赤いカバンに金を詰めて逃げたとか、事件のあらましがわかってくる
▼解明のため派遣されたブロンソンはアメリカ陸軍の大佐だった。携行する拳銃はドイツの名銃ルガーP08。ブロンソンは「狼の挽歌」でもルガーを使用している。本物の元軍人であるから、拳銃の扱いはさりげないが決まっている。08というのは、ドイツが軍用拳銃としてルガーを正式に採用した1908年にちなむ。いろんな映画のシーンがルガー08に伴う。「荒鷲の要塞」でハーディ・クリューガーが、「大脱走」でスティーブ・マックイーンが、「冒険者たち」でアラン・ドロンが、「シンドラーのリスト」や「スターリングラード」ではドイツ兵が手にしていた
▼ブロンソンの顔。あれは感情を包み込んだ苦労人の顔だ。100万ドルスターになってからも、来日したときのCM撮影ではスタッフへの配慮を忘れず、下積みの若手にはやさしかった。クエンティ・タランティーノはブロンソンを尊敬していた。「キル・ビル2」の撮影中その死を知り「チャールズ・ブロンソン 安らかにお眠りください」とエンドクレジットしている。

The face of a worldly-wise man

Charles Bronson is of European descent born to a Lithuanian immigrant. When he was ten years old‚ his father‚ who was a miner‚ passed away. He and his brothers entered the mine to dig for coal. Bronson had ambitions for the army. In World War II he boarded a B-29 and participated in the bombing of Tokyo. Following his discharge from the army‚ he learned acting at a school in Pasedena in the suburbs of Los Angeles. With his masculine looks he was selected for the lead in Machine-Gun Kelly at 37 years old.

Johnson made his breakthrough with the film Farewell‚ Friend. Rider in the Rain was Bronson’s work at 49 years old. At a small country town on the coast near Marseille‚ surrounding a murder involving a woman‚ mysterious man Bronson investigates. In the first scene Melancolie Mau (Marlene Jobert) is at a bus stop in the drizzling rain. She can’t help but feel that a man carrying a red bag is following her. The ashen sea‚ the desolate rainy street. Clement sets up the dark gut feeling of the heroine.

Attacked and raped‚ Melancolie kills the man with a shotgun and throws his body into the sea. Bronson makes his appearance but his identity is not easily revealed. We don’t know whether he is a friend or a foe of the heroine. Thinking that he may hurt Melancolie‚ he suddenly appears to save her. Melancolie’s involvement in smuggling by using her pilot husband‚ stealing the large sum of money that the man stashed in the red bag; we start to understand the gist of what is going on.

It turns out that Bronson is US Army Colonel Harry Dobbs‚ dispatched for the investigation. He carries the popular German gun Luger P08. Bronson also uses this gun in the film Violent City. As he is a former soldier‚ his casual use of the gun looks good. The 08 is associated with the year 1908 when Germany officially adopted the Luger as its military hand gun. The Luger accompanies various scenes in films: by Hardy Kruger in Where Eagles Dare‚ by Steve McQueen in The Great Escape‚ Alain Delon in The Adventurers‚ and the German soldiers in Schindler’s List and Stalingrad.

Bronson’s face; it is the face of a worldly-wise man wrapped up in emotion. Even after becoming a million dollar star‚ when he came to Japan to shoot a TV commercial he didn’t forget his manners‚ and was kind to the younger bottom-rung staff. Quentin Tarentino respected Bronson. He learnt of Bronson’s death while filming Kill Bill 2 and included in the end credits: “Rest in peace‚ Charles Bronson”.