女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2012年1月17日

ツーリスト(2010年)【恋愛アクション映画】 The Tourist (2010)

監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク/Director: Florian Henckel von Donnersmarck
出演 アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ/Starring: Angelina Jolie‚ Johnny Depp

とにかく ラストまで我慢しよう

 傷心の旅行者アメリカ人のフランク(J・デップ)が、列車のなかで謎のセレブ美女エリーズ(A・ジョリー)に話しかけられる。エリーズは2年前に姿を消した恋人からの連絡を受け、彼との再会の場所に行く途中だ。彼の指示は列車のなかで「自分とよく似た体格の男をさがせ」。そこでフランクの前にエリーズが座ったわけ。それが発端でフランクは国際マフィアの資金浄化事件に巻き込まれる、というのが粗筋だ
▼列車のなかで「この男がぴったり」とエリーズが目星をつけたときのフランクの顔は、田舎者丸出し、エリーズも恋人の指示だから仕方ないか、という感じ。本作はこみいった話でもないし、途中これといった見所もないから、顛末をはしょってラストシーンまでとぼう。そこでは英国情報部員の正体を明かしたアンジーが、ロシアマフィアの手で消されかけている
▼フランクが現れる。「ウソでしょう」アンジーはびっくり。ドンくさいフランクがなにしにきたのだ、お気持ちはうれしいがなんの役にもたたない…ところがですね、ゆっくり近づいてくるフランクの顔をみてください、まるっきりちがっています。メークではありません。ジョニデの表現力です。完全に主役の顔になっています
▼ここまで期待はずれなほど平坦にことを進めてきたドナースマルク監督、タメにタメタところで鯉口を切りました。さすがです
▼あとは快刀乱麻。あれよ、あれよ、とたたみかけ事件は解決。最後にアホ警部に引導をわたすのが、主任警部のティモシー・ダルトン。007の「リビング・デイライツ」でボンドを演じ「最もリアルなジェームズ・ボンド」とダイアナ妃が賞賛した彼ですね。鋭すぎるとか、冷酷に見える、とか当時いわれたシャープな目が、柔らかくなっていましたね。

Just try and sit through until the end

Heartbroken American tourist Frank (Johnny Depp) is spoken to by mysterious beauty Elise aboard a train. Elise has received instructions from her lover who disappeared two years ago‚ and is on her way to being reunited with him. Elise’s instruction is to find a man who resembles her ex-lover and thus she sits there before Frank. This is the beginning to Frank being caught up in an international mafia-run money laundering case.

The face of Frank when Elise marks him aboard the train as “just the man”‚ is that of a country bumpkin. Yet since she is being instructed by her ex-lover‚ there is nothing she can do about it. The story isn’t complicated and there aren’t any real highlights throughout‚ so I’ll skip the details and jump to the last scene. Angelina‚ who has been revealed as a Scotland Yard undercover agent is about to be had at the hands of the Russian mafia.

Frank appears. “It can’t be”. Angie is surprised. What is the bumbling Frank doing here? I’m glad he’s here but he’s of no use. Take a look at his face as he slowly approaches; it’s completely different. There is no make up. It’s Johnny Depp’s power of expression. His face has changed into that of a lead actor. Until this point director Donnersmarck has moved things along flatly to the point of missing our expectations‚ and here he loosens his sword for what he has saved for us. That’s our man.

The rest is wrapped up swiftly and skillfully. The loose ends are tied off and the case is closed. In the end‚ the stupid police captain that fires her is Chief Inspector Timothy Dalton. He performed as James Bond in The Living Daylights and was lauded as the “real James Bond” by Princess Diana. The sharp and cold looking eyes that he was said to have had at the time have become dull.